「事故の教訓を忘れないで」 軽井沢町のスキーバス事故から6年・関係者などが慰霊に 長野

「事故の教訓を忘れないで」 軽井沢町のスキーバス事故から6年・関係者などが慰霊に 長野

  • SBCニュース
  • 更新日:2022/01/15
No image

「事故の教訓を忘れないで」 軽井沢町のスキーバス事故から6年・関係者などが慰霊に 長野

大学生など15人が死亡した軽井沢町のスキーバス事故からきょうで6年です。
現場には朝から遺族などが訪れ、犠牲者を悼みました。
この事故は6年前の1月15日の未明、軽井沢町の国道でツアーバスが道路脇に転落したもので、大学生など15人が死亡、26人が重軽傷を負いました。
6年前と同様、氷点下の凍てつく寒さとなった軽井沢町の事故現場には、朝から遺族や関係者が訪れ、慰霊碑を前に犠牲者を悼みました。
当時大学2年生だった次男の寛さんを失った田原義則さんは「子どもたち13人が亡くなったことを、いつまでも忘れてほしくない」と話していました。
きょうは午後、遺族の会や国、業界団体の代表が集まり、安心安全なバス運行に向けて意見を交わし、献花などを行う予定です。

mosa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加