黒縁メガネ観戦の朝青龍「一匹のオオカミになって」おい豊昇龍に熱いエール

黒縁メガネ観戦の朝青龍「一匹のオオカミになって」おい豊昇龍に熱いエール

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/27
No image

九州場所12日目の打ち出し後に報道陣の取材に応じる元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(2021年11月25日)

<大相撲九州場所>◇12日目◇25日◇福岡国際センター

元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(41)が、九州場所を現地で観戦し、おいの西前頭5枚目豊昇龍(22=立浪)にハッパをかけた。

豊昇龍はこの日、大栄翔に押し倒されて5勝7敗と後がなくなった。打ち出し後、報道陣の取材に応じたダグワドルジ氏は「花咲かしてくれよコノヤローって感じですね。剣道部のあれ(竹刀)でケツに2、3発たたいてあげたい。気引き締めてやらないとですね」と独特な言い回しで活を入れた。

ダグワドルジ氏は10月4日にツイッターで「九州場所見に行く」、「久々相撲見るの楽しみ」と発信しており、おいの西前頭5枚目豊昇龍(22=立浪)にもすでに観戦を“予告”していた。

予告通り姿を現し、黒縁のメガネに紺のジャケット、白いマスク姿で西のマス席に夫人と座って幕内の取組を観戦。ツイッターには「久々」と、大相撲観戦への興奮具合をうかがわせるように絵文字付きで投稿。おいの豊昇龍が大栄翔に敗れると「素晴らしい負け」と投稿した。

幕内通算25回の優勝を誇り、自身はモンゴルの英雄と呼ばれた。「大関、関脇で終わった人間に対してじゃない。横綱になった人間なんだから。(豊昇龍には)血の中を守ってほしいんですよ。勝ってなんぼだから。負けてかわいそうじゃない。私がもっと彼に勇気をあげたいんですよ」と力説。「もっと集中してほしい、ガッツ入れてほしい。一人の、一匹のオオカミになってほしい。世の中で僕だけだってのに集中してほしい。僕が勝ったら喜ぶんだ、応援してくれるんだと思って責任取って頑張って欲しい」と熱いエールを送った。

○豊昇龍の向こうに…

大栄翔 (元横綱朝青龍氏の来場は)分かっていなかったけど、たまりに座った時、対面に豊昇龍関の後方に座っているのが見えました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加