“父性”を問い直す映画『泣く子はいねぇが』。是枝裕和を唸らせた「そして〇〇になる物語」

“父性”を問い直す映画『泣く子はいねぇが』。是枝裕和を唸らせた「そして〇〇になる物語」

  • QJWeb クイックジャパンウェブ
  • 更新日:2020/11/20
No image

秋田県男鹿市の伝統行事「ナマハゲ」を通して大人になりきれない男性を剥き出しにする映画『泣く子はいねぇが』が、2020年11月20日に封切られた。

1989年生まれ秋田県出身である佐藤快磨監督は、幼いころに友達の家で体験したナマハゲに着想を得て、約5年もの歳月をかけてこの映画の脚本を完成させたという。「父性」や「大人になるということ」をめぐる渾身の物語が、本作の企画を担当する是枝裕和を唸らせ、完全オリジナル作品というかたちで長編デビューを果たした。

親になること、大人になることから逃げつづけた男が、現実に面と向かっていく姿。主人公の男性の脆弱性を浮き彫りにしながら、物語は結末に向けてある「目」を捉えていく。

全裸で走り回り、子育てからも逃げた男

天井にあるファンがゆっくりと回る姿から、それがスローモーションなのだとわかる本作のファーストシーン。カメラは秋田県の伝統行事「男鹿のナマハゲ」が行われている部屋の中を捉えながら、あるひとりの男にじりじりと近寄っていく。ナマハゲの面を被っているのに、子供たちをおどかすでもなく直立不動した妙な男。やがてその面の裏に、男の死んだように虚ろな「目」が浮かび上がってくる。

No image

「なまはげ存続の会」会長・夏井を演じる柳葉敏郎。たすくに対して放つ「わかんねぇんだよ、おめぇたちが」というセリフが印象に残る

その異様な目が主人公・たすく(仲野太賀)のものであることはあとあとわかることだ。男鹿のナマハゲ行事が行われるのは大晦日の夜。娘が生まれたばかりでありながら、妻であることね(吉岡里帆)に「このままじゃ無理だと思う」「いつか限界になる、絶対」とたしなめられてしまうたすくは、それにもかかわらず逃げるようにナマハゲ行事に繰り出し、その場で泥酔したのち全裸になって街を走り回るという愚行を働くことになる。

映画『泣く子はいねぇが』本予告

全裸の男が砂浜に辿り着いて倒れ込むショットから、映画は急に2年後に飛んでフットサルコートに倒れ込むたすくを映し出す。まるでその2年が彼になんの成長も与えなかったことを示唆するようなカット割りだ。

ここまでを見てわかるように、『泣く子はいねぇが』という映画には説明的なセリフがほとんど存在せず、映像がすべてを物語っている。なぜそれほど妻から失望されているのか、なぜ男は子育てから逃げ東京へやって来たのか。明らかにされない詳細は、よりリアリティのあるセリフ、カット割り、役者の表情といった「余白」としか言えない要素によって埋められていくのである。

No image

たすくに愛想をつかす、ことね役を好演した吉岡里帆。たすくの母と対面する場面の少ないセリフと表情の訴えかけにも注目

「父性」や「父親の不在」を描いてきた是枝裕和が参画

今や世界でも認められている映画監督・是枝裕和は、本作の脚本を読んで「監督の切実さが伝わってきて、きっと佐藤さんはこれを撮らないと先へ進めないだろうと思い、背中を押すことに決めました」と企画に乗り出したそうだ。是枝監督のフィルモグラフィーに「父性」や「父親の不在」をテーマにした作品が散見されるのは周知のとおり。

No image

本作で「『父親になるとはどういうことか?』を表現したいと思いました」という佐藤快磨監督

『そして父になる』(2013年)では福山雅治演じるエリート建築家がタイトルのとおり父性を獲得していく様子を描き、『海よりもまだ深く』(2016年)では売れない小説家の主人公(阿部寛)が別れた妻と息子に今はなき家族を再投影しようとする歪(いびつ)さを正面から捉えた。

どちらの作品も父親としてはもっぱらダメな主人公が模索しながら彼らなりの父親像を見出していく物語であり、その意味では『泣く子はいねぇが』にも通じる部分が多くあると言えるだろう。本作の主人公・たすくははやくに結婚して娘ができ、それゆえか子供っぽさが抜け切らないという設定の男性だ。佐藤監督自身がまだ30代前半であるという点、たすくが是枝作品の主人公たちからは10コほど歳が離れている点から考えても、「今の若者の視点」から『そして父になる』への回答を示しているような映画でもある。

No image

「大人になる」ということについて考えさせられるシーンが数多く登場する

おもしろいのは、たすくは是枝作品の主人公たちのようにある分野で才を示せる(=仕事に逃げることができる)わけではなく、かといってギャンブルや酒、タバコに逃げることもできない、ある種の“普通さ”を携えた人であることだ。それでも彼は、目的もなく上京したり、定職につかずにお金を稼ごうとしたりしながら逃げつづける。そんな彼の逃げ様はどこまでも情けなくどこまでも愚かだが、その特別になれなかった境遇ゆえに、多くの人に共感を与える開かれた内容になっているのだろう。

主人公の幼児化と子供をおどかすナマハゲ

仲野太賀がいよいよここにきて驚きの境地に達している。『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(2015年)、『南瓜とマヨネーズ』(2017年)、『静かな雨』(2019年)、『生きちゃった』(2020年)など、吐き出し口のない生きづらさを抱える若者を演じさせたら右に出る者がいない状況だが、本作でも彼の目や表情や声が作品のトーンへと絶妙にチューニングを合わせてくる。以下に記すたすくの奇行にも、不思議と説得力を与えているのだ。

No image

たすくの母親役に扮した名優・余貴美子。秋田名物「ババヘラアイス」の売り子にも挑戦

たすくは「人生から逃げる」という意味で「幼い子供に逆戻りしたような行動」を繰り返す。全裸で走り回るという衝撃的な画がまずそれだ。それから飲酒することをやめ、朝食になぜか赤子が食べるような離乳食を口にしている描写がある。男鹿に戻って来たたすくは母親の仕事場に連れ立ち、鼻歌を陽気に歌いながらあたりを走り回る。まるで子供が公園で遊ぶみたいに。そうすると母親がいきなり倒れてしまい、あわあわして目が泳いでしまう、という描写まであった。挙げ句の果てには、子供から「悪い子はいねぇが!」と遊ばれる場面まで……。

ナマハゲの面を被って子供をおどかしていた男、その実は彼自身が子供だった。そういう、主人公への皮肉と批評性が込められた描写なのだろう。たすくの脆弱性は剥き出しにされるが、だからこそ崖っぷちの彼が取る行動に真実味が出る。

ある眼光を携え、たすくは「そして〇〇になる」

佐藤監督と仲野太賀は、文化庁による次世代を担う映画監督の発掘と育成を目指す「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト 2015」で製作された『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』(2016年)以来、2度目のタッグとなる。その作品でも、そして『泣く子はいねぇが』でも描かれているのが「逃げる→面と向かう」というプロセスだった。

No image

撮影現場での仲野太賀と佐藤快磨監督

逃げつづけた男が急に現実と向き合うというのは、物語としてあまりにもうまくいき過ぎている。凡百の映画であればおそらくそう感じていただろう。しかし本作ではやはり仲野太賀の演技が、その「目」が、あるひとりの男性の立ち上がりをこれでもかというほど切実に表現してみせているのだ。

No image

仲野太賀が演じるたすくの「眼光」にも注目

ここではラストシーンについて詳細に語ることはしないが、ぜひそこでのたすくの「目」をしっかり見てほしい。愚かさも秘めたあの行動は、父親になれなかった男の叫びとして、あるいはナマハゲとしての職務をまっとうする決断をした男の泣き声として、いくつもの想像可能な彼の心中を重層的に語るだろう。

たすくは何かになれたのかもしれないし、なれなかったのかもしれない。いずれにせよあの「目」が、これからもきっとつづいていくのだろう彼の人生を予感させてくれる。

映画「泣く子はいねぇが」仲野太賀クランクアップ映像

原 航平

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加