ダルビッシュ6回3安打1失点7K 好投も今季初勝利ならず

ダルビッシュ6回3安打1失点7K 好投も今季初勝利ならず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/10
No image

パドレスのダルビッシュ有

「パドレス3-1ジャイアンツ」(6日、サンディエゴ)

パドレスのダルビッシュ有投手(34)が先発し、6回3安打1失点と好投したが、今季初勝利はならなかった。89球を投げて1四球7三振。防御率を4・22とした。

開幕投手を務めた1日のマウンドから中5日。今季2度目の登板は初回、先頭ヤストレムスキー、2番ディッカーソンをスプリットで連続空振り三振。三者凡退に仕留めると、二回は4番ベルトをカットボールで、6番ポージーをスライダーで切って無安打。最高の出足を見せた。

顔をしかめたのは三回だ。先頭クロフォードにカウント1-1から投じた148キロ直球が真ん中に入り右中間席へ運ばれた。しかし、そこからスレイターを124キロのナックルカーブで、サンチェスを150キロ直球でバットに空を切らせる。2死から四球を出したが、ディッカーソンを153キロ直球で遊飛に打ち取り、最少失点に抑えた。

パドレスは三回裏に主砲ホズマーの適時打で同点。打線の援護を受けたダルビッシュの四回はベルトを再びカットボールで空振り三振に斬るなど、三者凡退。五回は2本の単打を打たれたが、併殺打に仕留めるなど、勝ち越し点を与えず。六回は10球で3人を料理した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加