内田真礼、ドラマ『極主夫道』に声で出演 川口春奈が愛するキュートなアニメキャラ役

内田真礼、ドラマ『極主夫道』に声で出演 川口春奈が愛するキュートなアニメキャラ役

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/11/21
No image

日曜ドラマ『極主夫道』第7話に内田真礼が声優出演

声優の内田真礼が22日に放送される読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『極主夫道』(毎週日曜 後10:00)に声で出演することがわかった。内田は、主人公で元極道のスーパー主夫・龍(玉木宏)の妻・美久(川口春奈)が愛してやまないアニメ『ネオポリスガール』の声を担当する。

【画像】内田真礼が声を務めるネオポリスガール

第7話で龍は掃除中に美久が大好きな『ネオポリスガール』のフィギュアを壊してしまう。そして、美久には壊したことを言い出せずに、こっそりフィギュアを買おうと、おもちゃ屋さんに向かうが、思った以上に高額であることが発覚。おもちゃが高すぎると、おもちゃ屋店長(ロバート山本)に難癖をつけるものの、正当な価値があると門前払いをくらってしまう。

さらには、警官の酒井(古川雄大)も、ネオポリスガールの熱烈ファンがあることが発覚し、ネオポリスガールをめぐって、龍と酒井による仁義なき戦いがぼっ発する。龍は、酒井よりも先に、新しいネオポリスガールのフィギュアを買うために、お金を稼ぐことを決意しバイトを始めるが…。

そんな、美久と酒井を魅了するキュートな『ネオポリスガール』に内田によって声が吹き込まれる。そしてこの『ネオポリスガール』がきっかけとなった騒動の行方は。龍は無事にフィギュアをゲットすることができるのか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加