金谷拓実 納得の首位と4打差発進「いいスコアが出る準備はできている」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/21

「男子ゴルフ・日本オープン選手権・第1日」(14日、琵琶湖CC=パー71)

ツアー通算3勝で大会初優勝を狙う金谷拓実(23)=ヨギボー=が、4バーディー、ノーボギーの4アンダー67で回り、首位と4打差の12位につけた。「今日はノーボギーで回れたというのが一番良かった」と納得の表情。「途中、ショットが乱れるところもあったけど、うまくパーセーブができたし、チャンスも比較的多かった。今日のプレーは良かった」とうなずいた。

13番パー3は4メートルのバーディーパットは外したものの、第1打をピンに当てるナイスショットでギャラリーを沸かせた。17番パー3はグリーン左のバンカーにつかまったが、4メートルのフックラインを沈めてパーセーブする粘りを見せた。

初日アンダーパーが64人もいる大混戦の中、トップと4打差でのスタート。「余力ではないですけど、いいスコアが出る準備はできていると思うし、残り3日間ある。天気も変わるだろうし、その中でしっかり自分らしいプレーができるようにやっていきたい」と前を向いた。

パー71設定の大会新記録63をマークした岩田寛が単独首位発進。1打差の2位に石坂友宏、さらに1打差の3位に大会3勝目を目指す池田勇太が続く。5アンダーの4位には19年大会覇者で賞金ランキング1位のチャン・キム(米国)、小田孔明、小平智ら8人が並ぶ。9月のパナソニック・オープンで史上5人目のアマチュア優勝を果たした中島啓太は1アンダー70で46位となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加