DeNA先発陣にまたアクシデント 阪口が緊急降板 トレーナーとベンチ裏へ

DeNA先発陣にまたアクシデント 阪口が緊急降板 トレーナーとベンチ裏へ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/03
No image

2回、山田に適時打を打たれた直後、トレーナーを呼んだ阪口(右)=撮影・伊藤笙子

「DeNA-ヤクルト」(2日、横浜スタジアム)

DeNA投手陣にまたアクシデント発生だ。

DeNA先発の阪口が二回2死一、三塁で緊急降板した。

初回あっさり2死を取ったが、山田、村上に連続四球を与えてピンチを招いた。だが、オスナを右飛に打ち取りピンチを脱した。

二回、西浦、中村、山田に適時打を浴び3失点。山田にタイムリーを浴びたところで、木塚投手コーチ、トレーナーがマウンドに行き、阪口を連れベンチに下がった。そのまま降板となり、2番手で石田がマウンドに上がった。

30日には先発した坂本が村上の打球を左肩に受け、後日抹消。先発の台所事情が厳しいだけに、阪口が大事に至らないことを祈るばかりだ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加