追熟しながらメロン鑑賞!贈り物にも最適な「メロンな"革"で作ったメロンホルダー」

追熟しながらメロン鑑賞!贈り物にも最適な「メロンな"革"で作ったメロンホルダー」

  • STRAIGHT PRESS
  • 更新日:2022/06/23
No image

東京都町田市のボールホルダー専門店「KEI-CRAFT」は、メロンの皮に似せた革で作った「メロンな”革”で作ったメロンホルダー」8,800円(税込)の発売を、公式サイトにて6月21日(火)より開始した。

ボールホルダーの存在を知ってもらうきっかけに

No image

サッカーボールを入れるボールホルダーを製造販売している「KEI-CRAFT」。これまでにバスケットボール、ゴルフボール、バレーボール、ラグビーボール、テニスボールなど、様々なボールホルダーへ挑戦してきた。2020年町田市トライアル発注制度の認定を受けており、サッカーボールホルダーXO-Rモデルは町田市のふるさと納税返礼品にも採用されている。

しかし、こだわって作られたボールホルダーは、まだまだ多くの人には知られていない。そこで、もっとボールホルダーの存在を知ってもらうため、面白いものを作れないかと話し合いを重ね、メロンのホルダーという案が持ち上がった。

メロン柄の革を採用

No image

メロンは球体の為、同社の技術を活かすことができ、まずはボールホルダーと同じ素材である緑色のポリプロピレンベルトで製作した。

No image

さらに、より良い商品を作ろうと試行錯誤するなか、フルーツな革小物で有名な「アールスフェボリット」のメロン柄の革小物を見つけ、革の提供を依頼。話を進めていくなかで、メロンホルダーのアイデアに共感を得て、貴重な革を譲ってもらえることになった。そして、最後の調整を重ねて完成したのが、「メロンな”革”で作ったメロンホルダー」だ。

同商品は、メロンを食べる前には甘い香りと共に食卓を彩り、食べた後は素敵なインテリアとして活躍し続ける。

追熟しながらメロン鑑賞

適用メロンサイズは横直径14.5~16cm、横周長45~50cm。お世話になっている人へメロンを贈る際は、この「メロンホルダー」に入れて贈るのもオススメだ。

No image

家庭でも、ホルダーに購入したメロンを入れて、追熟させながら飾っておくと、見た目の美しいメロンがインテリアの一部になる。

また、メロンは収穫から5~7日程度が完熟の目安と言われていて、糖度の高いお尻の部分をときどき上下左右で入れ替え、甘みのある果汁を果肉全体に行き渡らせることで、より美味しくなる。このようなおいしくする工夫も、メロンホルダーであれば360度回転させながら理想的に追熟させることができる。

No image

さらに、メロンを食べてしまった後は、小物入れなどにアレンジして使用可能。バナナやマンゴーなど他の果物を入れてみるという使い方も楽しめる。

「メロンホルダー」で、メロンの香りに包まれながら追熟を楽しんでみては。

KEI-CRAFT HP:https://www.kei-craft.jp/
アールスフェボリット HP:https://www.andcompany.co.jp/

yamamoto

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加