第3世代AirPods、8月に量産開始の噂。新型MacBook Proとともに2021年内発売か

  • Engadget
  • 更新日:2021/07/22
No image

52Audio

2019年末にAirPods Proが発売されてから、すでに2年近くもワイヤレスイヤホン型AirPodsシリーズの新モデルは投入されていません(オーバーイヤーヘッドホンとしてはAirPods Maxが加わってはいますが)。そんな中、ついにウワサされていた第3世代AirPodsの量産が8月に開始されるとの噂が報じられています(上記写真は、2月にポータブルオーディオ関連を得意とする52Audioが公開した新AirPodsと称する画像)。

今回の情報の発信源は、日経の英語メディアNikkei Asiaです。この新世代の「AirPods」(第3世代モデル)は、次期MacBook Proなど他の新製品とともに2021年後半に発売される予定とも述べられています。

これまで第3世代のAirPodsのウワサについては、2021年前半に量産開始されるとの話もありましたが、結局は実現していません。一方で今年6月末にはアップルのサプライヤーが「新型MacBookおよびAirPods」発売に向けて生産能力の増強を急いでいるとの報道もありました。その後は順調に準備が進んでいるのかもしれません。

第3世代AirPodsのデザインは現行のAirPods Proと似ており、より短いステム(持ち手部分の軸)やシリコン製の交換可能なイヤーチップを備えていると噂されています。その一方でノイズキャンセリング機能など、AirPods Proの先進的な機能の一部は搭載されていないとの観測が有力です。

かたや新型AirPods Proに関しては、ステムが完全になくなり、最近発売されたBeats Studio Budsのようなデザインになると噂されています。さらには「革新的な」健康モニタリング機能を搭載しつつ、2022年まで発売はないとの予測がもっぱらです。

有名アナリストMing-Chi Kuo氏は、上記の安価かつAndroidスマートフォンとも親和性が高いStudio Budsが今後、アップルにとって重要な収入源になると予想していました。アップルは今年後半に第3世代AirPodsをiPhoneユーザー向けの低価格製品として投入しつつ、2022年に高機能なAirPods Pro 2(仮)により完全ワイヤレスイヤホン市場で本格的な巻き返しを図るつもりかもしれません。

Source:Nikkei Asia

via:MacRumors

Kiyoshi Tane

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加