BTSのRM、ソロアルバム「Indigo」を構成する多様な要素を視覚化した「Identity Film」公開

BTSのRM、ソロアルバム「Indigo」を構成する多様な要素を視覚化した「Identity Film」公開

  • Musicman | 音楽業界総合情報サイト
  • 更新日:2022/11/25

BTSのRMは11月23日、BTS公式SNSにソロアルバム「Indigo」を構成する多様な要素を視覚化した「Identity Film」を掲載した。

アートワークビジュアルフィルムのようなこの映像は、風の音を背景に、揺れる花のシルエットから始まり、青い色合いのイメージが速いカット転換で登場する。続いて「Indigo」のビジュアルアイデンティティがまるでインクが染まるように現れてかすかに消え、「Documentation of my youth in the moment of independent phase」「the last archive of my twenties」などのメッセージが現れ、映像は終わる。

今回の「Identity Film」で分かるように、RMの「Indigo」にはサイアノタイプ(Cyanotype)技法が活用された。サイアノタイプ技法は、光が透過する部分は青色、光が透過できない部分は白色を帯び、オブジェの独特なシルエットを作り出す。RMはこの技法で作った多様なイメージで「Indigo」各トラックに込められた話と感情を表現した。

12月2日に発売されるRMの初の公式ソロアルバム「Indigo」は、率直な感情や悩み、様々な断想がそのまま盛り込まれた彼の日記のようなアルバムとなっているとのこと。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加