太田光、後輩芸人の才能に驚愕 蛙亭・中野周平に「天才なんじゃないの?」

太田光、後輩芸人の才能に驚愕 蛙亭・中野周平に「天才なんじゃないの?」

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/02/22
No image

21日放送『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)に注目の男女コンビ・蛙亭の中野周平と岩倉美里が登場。中野の驚きの才能が明かされ、爆笑問題・太田光らを驚かせた。

◼ネタ担当は岩倉だが…

同コンビのネタ作り担当は岩倉。中野の芝居や笑いに厳しいダメ出しをするなど「岩倉メインのコンビ」の印象を与えてきた。しかしこの日、実は中野がほとんどのネタを「アドリブで対応している」と明かされる。

10本の新ネタを披露するライブを開催したさい、本番当日まで10本中5本の内容を知らされないまま中野は楽屋入りしていた。

開演時間が迫るなか、楽屋で岩倉から渡されたのは「誇張なしで設定だけ」の小さなメモ用紙1枚。設定だけを頼りにアドリブで90分のライブを乗り切ったと語られる。

関連記事:霜降り明星・せいや、後輩女芸人による暴露に赤面 「全パンツに…」

◼太田が絶賛

岩倉は「シンプルに、ギリギリまで溜め込んでしまう。だらしないとわかっているけどなおらない」と追い込まれないとネタ作りが出来ない本音を吐露する。

太田は「対応できているコイツがスゴいよね」と中野を称賛すると、中野は「スゴいとかじゃない。やるだけ、やるしかないんです」と反論。それでも太田から「そうだろうけど、天才なんじゃないの?」と絶賛が止まらなかったため、中野は「そうなんすかね」とあっさりと受け入れた。

◼先輩のせいやも苦言

実際のアドリブ力を確認するため、収録の10分前にいつも通りの「設定だけ書かれたメモ」を岩倉から渡された中野。「タイトルと設定だけ聞いた。正直、トークどころじゃなかった」と苦笑する。

メモには「フリーハグ」というタイトルと、フリーハグをする女性役の岩倉のもとに「変な、ダルいヤツ」として中野が登場。そこから「中略」され、岩倉が「もう2度とやらない」と舞台を降り、中野が「世界が平和になりますように」と叫んで締めるとだけ記されていた。

ほぼ内容が書かれていない雑なメモに、出演陣は爆笑。岩倉と親交が深い先輩である霜降り明星・せいやは「これはネタ書いてるって言えんで」と呆れながらツッコんだ。

◼見事なアドリブコント

太田やせいやらが見守るなか、蛙亭がコントを披露。コント中にも関わらず岩倉が爆笑してしまうほどの、アドリブとは思えない見事なボケを中野は連発した。

収録前の10分と収録中に考えたであろう中野のアドリブの数々。太田は「お見事だよね」と感心し、岩倉には「お前はなにもやってない」と指摘する。

岩倉は「中野が取材とかで『岩倉がネタを書いてる。俺は何もしない』って言うけど、お前が全部やってるから」と蛙亭は中野が支えていると認めた。

◼視聴者も称賛

それでも「面白かったけど、起承転結の転の場面で、超能力で私の身体を止めて無理やりハグしようとしてくるとか欲しかった」と解説する岩倉に、中野から「わかるか。それは書いておかないと」と至極まっとうなツッコミが飛んだ。

驚くべき蛙亭の事実に視聴者からは「中野さん天才なんだね。ピンネタも見てみたい」「岩倉ちゃんが笑ってるのも本域の笑いってことなんかな」「蛙亭って岩倉さんが奇才だと思ってたけど中野さんも凄い才能」「10分前に渡された設定であそこまでアドリブできるのスゴいと思う」と中野への称賛が止まらなかった。

・合わせて読みたい→太田光、霜降り・せいやのモノマネ挑戦に意欲 「俺も股間出しちゃおうかな」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加