サーフィン中の70代?男性死亡 和歌山

  • 産経ニュース
  • 更新日:2022/05/14

14日午前11時55分ごろ、和歌山市磯の浦の海岸で、「男性が沖の方に流されて、付近のサーファーたちが波打ち際まで連れてきている」という内容の119番があった。男性は病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。和歌山県警和歌山北署によると、溺死とみられ、詳しい状況を調べている。

同署によると、男性は大阪府内の70代とみられる。この日、男性は午前11時ごろから友人ら3人でサーフィンをしていた。その後、友人が海上にうつぶせの状態で浮かんでいるのを発見し、周辺の人らと協力して救助したという。

現場は南海加太線磯ノ浦駅から南西約450メートルの海上。和歌山海上保安部によると、事故当時、うねりなどはなく穏やかだったという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加