ヒートテックにプラスするとレベチで暖かい! 女性約100人の「寒さ対策」

ヒートテックにプラスするとレベチで暖かい! 女性約100人の「寒さ対策」

  • anan Beauty+
  • 更新日:2022/01/15

寒すぎる日が続きます。みなさん、どのような寒さ対策をしていますか? あったか肌着の「ヒートテック」やカイロをどのように活用していますか? エコや健康、美容に関心の高いanan Beauty+ clubのメンバー約100人に「外出時の寒さ対策」について聞きました。

女性約100人に聞いた「外出時の寒さ対策」

No image

anan Beauty+ clubのメンバーに、「外出時の寒さ対策」についてリサーチしました。すぐに実践できるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね!
※anan Beauty+ club…美容・健康・エコ好きな女性たち約100名が集まるanan Beauty+の読者組織。

「ヒートテック」活用術

「ヒートテックを2枚重ねて着る」(36歳・会社員)

「お腹を冷やさないように、キャミソールの上にヒートテックを着る」(31歳・会社員)

「予想最高気温が10℃以下になったら、ヒートテックの極暖を着る」(33歳・専門職)

「ヒートテックに貼るホッカイロで冬を乗り越える」(40歳・会社員)

「ヒートテックウエストウォームショートパンツを履く。お腹が温かいだけで寒さが全然違う」(29歳・専門職)

「ヒートテックを着て、さらに腹巻きをする」(34歳・会社員)

今回のアンケートで、一番多かったのはやっぱりあったか肌着、特に『ユニクロ』の「ヒートテック」についてでした。寒さの度合いによってヒートテックの種類を変えたり、ヒートテックにプラスアルファしていて、皆さん上手に工夫されているなと感じました。

「カイロ」活用術

「あまりに寒い日は、カイロを背中と足に貼ってでかけます!」(37歳・会社員)

「『ジェラート ピケ』の腹巻きは、ホッカイロを入れられるポケットがついていて便利」(36歳・専門職)

「キャミソールと長袖の肌着の間に、大判の貼るホッカイロを仕込みます。貼る場所はみぞおちと仙骨が定番。極寒の日は丹田にも貼ります」(29歳・主婦)

「尾骨にカイロを貼ると下半身が暖まる」(32歳・会社員)

「靴に入れるカイロを使う」(36歳・会社員)

カイロは、手に持つというより、貼ったり、靴や腹巻に入れて使うのが定番のようです。貼る場所も重要そうですね。ちなみに、私が愛読しているキャンプ漫画によると、「首の付け根、みぞおち、肩甲骨の間」に貼るのがよいとのことでした。

その他外出時の寒さ対策

「ウルトラライトダウンをコートの中に着る」(36歳・会社員)

「とにかく首周りを温める」(32歳・会社員)

「お腹周りに余裕のある洋服のときは、タイツ+薄手のスパッツ、腹巻付き毛糸のパンツでトリプルガード」(29歳・会社員)

「『モンベル』のインナーを着る」(38歳・会社員)

「高級ダウンジャケットを着ておけば、多少なかが薄くてもどうにかなります。買い替えるなら10年に1着くらいなので、長く着ると思えばそんなに高くないはず」(33歳・会社員)

寒さ対策をしているつもりでも、まだ試したことがなかったという方法があったのではないでしょうか。

まだまだ寒い日が続きそうです! さまざまな防寒対策を試して、寒い日の外出を乗り越えましょう!

(C)Sam Edwards/Getty Images

文・小田原みみ

anan 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加