NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
日本と同組のライバルが激突...メキシコ、鮮やか4発でフランス撃破

日本と同組のライバルが激突...メキシコ、鮮やか4発でフランス撃破

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/07/22
No image

[7.22 東京五輪GL第1節 U-24メキシコ 4-1 U-24フランス 東京]

東京五輪のサッカー男子は22日、グループリーグ第1節を行い、U-24日本代表と同組となるA組ではU-24フランス代表と対戦したU-24メキシコ代表が4-1の勝利を収め、白星スタートを切った。

前半17分にメキシコに決定機。高い位置でのボールカットを成功させたFWディエゴ・ライネスのパスをPA内左で受けたFWアレクシス・ベガが中央に持ち出してシュート。GKアレクシス・ベガを抜いたものの、カバーに入ったDFモディボ・サニャンに阻まれてネットを揺らすには至らなかった。

前半30分にはフランスがゴールを脅かす。右サイドからFWアンドレ・ピエール・ジニャックのグラウンダーのクロスのこぼれ球に反応したFWアルノー・ノルダンが強烈なシュート。しかし、好反応を見せたGKギジェルモ・オチョアに弾き出されてしまった。

前半をスコアレスで折り返すと、後半2分にメキシコが先制に成功。右サイドを切れ味鋭いドリブルで突破したライネスのクロスををベガがヘディングで叩き込み、スコアを1-0とした。さらに同10分にはMFカルロス・ロドリゲスの浮き球のパスから抜け出したMFセバスティアン・コルドバが強烈な左足シュートを突き刺し、リードを2点差に広げる。

後半22分にはPA内に侵入したFWランダル・コロムアニが倒されてフランスがPKを獲得。キッカーを務めたジニャックがきっちり沈め、フランスが1点差に詰め寄る。しかし、同35分、右サイドから切れ込んだMFウリエル・アントゥナが左足のシュートをねじ込み、同アディショナルタイムにはFWエドゥアルド・アギーレが右足のシュートを突き刺し、メキシコが4-1の勝利を収めた。

25日の第2節でメキシコは日本、フランスは南アフリカと対戦する。

(取材・文 折戸岳彦)●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加