日本代表MF堂安律がビーレフェルトを退団...リーグ戦全試合出場で残留に貢献

日本代表MF堂安律がビーレフェルトを退団...リーグ戦全試合出場で残留に貢献

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/06/10
No image

堂安律: Gettyimages

アルミニア・ビーレフェルトは9日、PSVからレンタルで加入していた日本代表MF堂安律が退団することを発表した。

2020年夏にPSVからビーレフェルトにレンタルで加入した堂安。加入初年度の今季はブンデスリーガの全34試合に出場し、攻撃の要として5ゴール3アシストを記録。チームの1部残留に大きく貢献していた。

ビーレフェルトはクラブ公式のインスタグラム(arminiaofficial)で堂安の退団に関して、「我々のユニフォーム着てくれてありがとう!」と感謝を綴ると、こう続けた。

「堂安律は5ゴール3アシストを記録し、昨シーズンのリーグ戦でクラブが残留するのに大きな役割を果たしてくれた。遊び心と創造性、サプライズの連続によって、律は瞬く間に相手チームが守りにくい武器に成長した。しかし、律はピッチ外での態度も印象的だった。彼は問題なく、チームに溶け込み、クラブの価値観を吸収してくれた。大成功を収めた1年を経て、我々は別れを告げることになった。律の今後の活躍を祈っている。いつも言われているように、『人生で2回は必ず会う』#ありがとう」

なお、ドイツ『キッカー』によると、堂安には500万ユーロ(約6億6000万円)の買い取りオプションが付帯していたが、ビーレフェルトにとっては高額のため、オプションの行使を見送ったようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加