【閣僚の横顔】萩生田文部科学相 率直発言が物議 市議時代から拉致取り組む

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/09/16

大学入学共通テストをめぐり昨年、英語の民間検定試験の導入見送りを決めたことで批判を一身に浴びたが、決断の正しさを信じ、ひるむことはなかった。東京都八王子市議、都議を経て平成15年に衆院初当選。市議時代から拉致問題で安倍晋三前首相と共闘してきた。政務官も務めた文部科学は得意分野。「ワイルドな憲法審査を」など率直な発言が物議を醸したこともある。

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加