<来週のカムカム>「サッチモちゃんを僕にください」オダギリ“ジョー”の衝撃セリフも...!

<来週のカムカム>「サッチモちゃんを僕にください」オダギリ“ジョー”の衝撃セリフも...!

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/01/15
No image

「カムカムエヴリバディ」第53回より(C)NHK

【写真を見る】予告には佐々木希が演じる笹川奈々の姿も!

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。第12週となる「1963-1964」が1月17日(月)より放送される。

同作は、昭和・平成・令和の時代を、ラジオ英語講座と共に歩んだ、安子(上白石萌音)、安子の娘・るい(深津絵里)、るいの娘・ひなた(川栄李奈)、3世代の女性たちの物語。

現在は深津の演じる“るい”のストーリーが展開されている。

前週・第11週には、関西一のトランぺッターを決めるコンテストに出場することを決心したジョーが「もし、僕が優勝したら、一緒に東京に行ってくれる?優勝したら、東京で暮らすことになると思う。僕はこの先もずっとサッチモちゃんと一緒にいたい。一緒に生きていきたい。僕はサッチモちゃんのことが好きなんや」と、るいにはっきりと自分の気持ちを伝えた。

No image

「カムカムエヴリバディ」第53回より(C)NHK

第12週では――

るい(深津絵里)の応援を受けながら、関西一のトランぺッターを選ぶコンテスト出場への準備を進める錠一郎(オダギリジョー)。

しかし、ラジオから「勝者はトミー北沢(早乙女太一)に違いない」という予想を聞いて自信を無くしてしまう。

そこで、映画館主の西山(笑福亭笑瓶)の勧めで気分転換に映画を見に行くことになったるいと錠一郎だったが、その映画はとんでもない内容だった。

そして迎えたコンテスト当日、応援にでかけようとしたるいの元にジョーが慌てて飛び込んでくる。見ると、シャツにケチャップがべっとり…。

――という物語が描かれる。

公式サイトなどで公開されている予告動画では、ジョーの「サッチモちゃんを僕にください」という衝撃的なセリフも聞くことができる。前後の流れや誰に向けての発言か明確には分からないが、るいとジョーの関係が、さらに進展するのだろうか。

「カムカムエヴリバディ」とは

朝ドラ史上初の3人のヒロインによるハートフルコメディー。昭和・平成・令和の時代を、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘3世代の女性の物語。ラジオで英語を聴き続けることで、夢への扉を開いていく姿を描く。脚本は大河ドラマ「平清盛」(2012年、NHK総合ほか)などを手掛けた藤本有紀によるオリジナル脚本。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加