山内惠介「会えない時間が愛を育てると実感」...コロナ禍で公演中止も

山内惠介「会えない時間が愛を育てると実感」...コロナ禍で公演中止も

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/22
No image

ヒット祈願を行い笑顔を見せる山内恵介=東京・金王八幡宮(撮影・園田高夫)

歌手の山内惠介(37)が22日、東京・金王八幡宮で、新曲「古傷」(24日発売)のヒット祈願を行った。

コロナ禍で動員予定11万人分の公演が中止となり、「1日も早く収まって、お客さまにお会いできますように。会えない時間が愛を育てると実感しました」と祈念。別れた恋人への感謝を表現した新曲については、「人の哀愁を歌うことで喜んでもらうのが、歌手の使命。それができる歌」と自信を見せた。

訪れたのは、NHK紅白歌合戦に初出場した直後、2016年の元日未明に初詣した思い出深い神社。験担ぎをするタイプだといい、おみくじでは「大吉」を引き当てて、「『良縁に恵まれる』と書いてたので楽しみ」と上機嫌だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加