佐賀県で女性の頭を鈍器で殴り殺害した疑いで長崎大学の学生を送検

佐賀県で女性の頭を鈍器で殴り殺害した疑いで長崎大学の学生を送検

  • KTNテレビ長崎
  • 更新日:2021/09/17
No image

テレビ長崎

9月10日、佐賀県の住宅で高齢の女性の頭を鈍器で殴り、殺害した疑いで逮捕された長崎大学の25歳の男子学生が15日、送検されました。

犯行前日には長崎市内の自宅アパートで火災が発生していて、警察は「容疑者が放火した」可能性も含めて捜査していたということです。

鳥栖警察署から佐賀地検に送検されたのは、長崎大学薬学部 4年の山口 鴻志 容疑者(25)です。

警察によりますと山口 容疑者は、9月10日佐賀県鳥栖市の住宅の庭で大塚 千種 さん(当時79)の頭部などを鈍器で複数回殴り、殺害した疑いが持たれています。

KTN記者 「山口 容疑者が住んでいたアパートです。事件前日の夜火災が起きていたことがわかりました」

警察と消防によりますと、犯行前日の午後9時40分ごろ、山口 容疑者の住む長崎市中園町のアパートの部屋で火災が発生。

火はすぐに消し止められましたが、部屋に山口 容疑者の姿はなく、警察は行方を追うと共に「山口 容疑者が放火した」可能性も含めて捜査していたということです。

近所の住民 「大家さんが携帯に連絡しても連絡が取れない(と言っていた)、連絡が取れないっておかしいねとまさかその人がね・・・」

山口 容疑者は犯行前日、JRで福岡県に移動して宿泊し、翌日、タクシーで佐賀県鳥栖市に移動したことが分かっています。

被害者の大塚 さんとの面識はなく、現場については「初めて訪れた」と供述しているということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加