片岡愛之助「全身全霊を」歌舞伎座がきょう厳戒初日

片岡愛之助「全身全霊を」歌舞伎座がきょう厳戒初日

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/01
No image

「八月花形歌舞伎」の公開稽古で長唄などは特注マスクを着用

156日ぶりに公演再開する東京・歌舞伎座で7月31日、「八月花形歌舞伎」(8月1~26日)の新型コロナウイルス感染防止対策、片岡愛之助(48)らによる「連獅子」の稽古が公開された。

開演前のアナウンスで愛之助は「全身全霊を込めつとめます」と呼び掛けた。演者同士が距離を取り、長唄、鳴物の奏者は特製マスクを着用した。31日の東京の新規感染者は463人で過去最高。歌舞伎座の橋本芳孝支配人は「厳しい状況ではありますが、万全をつくしたい」。俳優、スタッフ約200人がPCR検査を受け全員陰性だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加