爆笑問題・太田光、立川談志の言葉を噛みしめる「“お前、天下取っちゃえよ”って耳元で言われたんです」

爆笑問題・太田光、立川談志の言葉を噛みしめる「“お前、天下取っちゃえよ”って耳元で言われたんです」

  • TOKYO FM
  • 更新日:2021/03/01
No image

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。1月14日(木)のお客様は、山田雅人さんと爆笑問題の太田光さん。30年前に出会ったというお2人。ここでは太田さんが立川談志師匠との思い出を振り返ります。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)山田雅人さん、太田光さん

◆立川談志師匠との思い出を振り返る

山田:太田さんはいろんな芸人さんと絡んでいますけど。

太田:やっぱり僕は、(立川)談志師匠が一番あれかな。なにも話せなかったですけど、一緒に過ごせたっていうかね、そういう時間を共有できたのは本当に貴重だったなと思いますね。

山田:談志師匠が太田さんにね、「相方の田中を大事にして、天下取っちゃえよ」みたいなことを(言った話)。あれ、ほんまですか?

太田:そう。最初に立川流の会に、高田(文夫)先生に呼んでいただいたんですよ。そこで漫才をやって、それがたまたまウケたんですよね。そうしたら、楽屋に挨拶をしに行ったら「お前、この後空いてるか?」って言われて、高田先生と談志師匠で銀座の「美弥」っていうお店にね。

山田:行きつけのお店。

太田:わけの分かんない怪しいお店がありましてね。

山田:そんな怪しくない、怪しくない(笑)。ちゃんとした店長ですよ。

太田:なんか密造酒みたいなのを出していそうな(笑)。

山田:いやいや、ちゃんとしたウイスキーを出してましたよ。僕も連れていってもらいましたけど。

太田:そこでハイボールを3杯ぐらい飲まされて、俺も田中もベロンベロンになって。そこで漫才をやらされたんですよ。でも俺らが(お酒に)あまりにも弱いもんだから、談志師匠がちょっと引いちゃって。田中なんてゲーゲー吐いちゃっているんですよ。そのときに、トントンって肩を叩かれて、「お前、天下取っちゃえよ」って耳元で言われたんですよ。僕らはちょうど仕事を再開し始めた時期だったから、それはもう本当に嬉しくて。談志師匠にそう言われたのがね、忘れられないですね。

山田:これまた泣きそうですわ。

太田:いやー嬉しかったですね。

山田:それ最高ですよね。

太田:俺だけに言ったんですよ、田中には言ってないんです(笑)。でもその前かな、「お前な、こいつ(田中)を切るなよ」っていうことを飲んでるときに言われていたんですよね。

山田:なるほどね。落語家の談志師匠が、漫才師の太田さんに「相方を大事にしろ」って言うことがすごい眼力ですよね。

太田:多分ね、「漫才をやめるなよ」っていう意味だったと思うんですよ。やっぱり漫才ブームの頃のツービートやB&B、紳助・竜介なんかもそうですけど、みんな片っぽがワッといく感じだったじゃないですか。「お前らは漫才で戻る場所をちゃんと作っとけ」と。「俺には落語があるから、なにをやっても落語に戻ってくればいいって思ってるから。お前らは漫才だから」って言われたんですよ。だからこいつを切るなと。切りそうに見えたんでしょうね、きっと(笑)。

山田:ハハハ(笑)。

太田:そもそも切るつもりなんかなかったんですけど(笑)。だから、びっくりしましたよ。

山田:やっぱり何十年もトップを走ってる人だからこそ、わかる。

太田:でも最初に漫才を始めた頃は、ここまでネタを作り続けるつもりもあんまりなかったんですよ。だけど、どこかで談志師匠の「漫才を捨てるな」っていう言葉が、今でもどこかにあるんですよね、きっと。

*   *   *

----------------------------------------------------
▶▶山田さんは太田さんを「“東京のお父さん”」って呼んでる? この続きは「AuDee(オーディー)」でチェック!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→ https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加