PSG監督 エムバペ退団なら“教え子”獲得を要求か

PSG監督 エムバペ退団なら“教え子”獲得を要求か

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/02/22
No image

PSGのFWエムバペ

キリアン・エムバペの将来は、今も宙に浮いている。フランス人ストライカーはレアル・マドリーと関連付けられており、パリ・サンジェルマン(PSG)は彼の残留に自信を持っているが、移籍する可能性があることも認識している。

クラウチ ケインの残留を熱望「レアルで何かを勝ち取るよりも10倍以上の意味がある」

もし退団した場合、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は後任となるストライカーの獲得を要求するだろう。そして、アルゼンチン人監督はトッテナムに所属するハリ・ケインの獲得を望んでいるという。

『Daily Mirror』が21日(日)に報じた情報によると、ポチェッティーノと教え子であるケインはトッテナム時代に非常に良い“フィーリング”を持っており、現在も良好な関係を築いているという。

最近ではペップ・グアルディオラ監督のマンチェスター・シティとの関係も噂されている。シティは今季終了時に退団する可能性があるセルヒオ・アグエロに代わるストライカーを獲得しようとしているからだ。

さらに、エムバペがレアル・マドリーに移籍し、PSGがケインと契約すれば、レオ・メッシがマンチェスター・シティ移籍に近づく可能性もある。アルゼンチン人のエースは、バルサの新会長が決定するのを待つと言っているが、昨夏に退団の意思を示していたことから、可能性のある選択肢である。

今季ここまで、ケインは32試合に出場して21ゴール14アシストを記録しており、欧州で注目のストライカーの一人となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加