小林亮太が変わり種トッピングの和風バーガーを実食!明太マヨと牛肉100%パティの相性は?

小林亮太が変わり種トッピングの和風バーガーを実食!明太マヨと牛肉100%パティの相性は?

  • ウォーカープラス
  • 更新日:2023/01/25
No image

俳優・小林亮太が「KAKUMEI Burger&Cafe(カクメイ バーガーアンドカフェ)」の「大田区海苔明太マヨバーガー」を食レポ!

【写真】海苔や明太子など和風トッピングのグルメバーガーを持って、はじける笑顔を見せる小林亮太

舞台「鬼滅の刃」の竈門炭治郎役や「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stageの爆豪勝己役など、人気作品に多数出演している俳優の小林亮太が都内近郊のグルメバーガー店をナビゲート。食レポはもちろん、ハンバーガー好きの目線で取材したおいしさの秘密をお届けする。

地域に根ざした子供連れでも入りやすい店づくり

和をコンセプトに、サイドメニューに和惣菜を提供するなど個性が際立つ「KAKUMEI Burger&Cafe(カクメイ バーガーアンドカフェ)」。昔ながらの雰囲気が残る蒲田の街並みにマッチした同店は、バーガーファンのみならず地元の人からも愛されている。

No image

「居酒屋などが多い界隈なので、お子様連れでも入りやすいように」と、店長の北見典晶さんがあえて作ったという小上がりの座敷席は、取材前の時間帯にママ会が開かれていたほど好評だ。

No image

ゆったり過ごせるソファ席と座敷席がある「KAKUMEI Burger&Cafe」の2階

そんな同店では、サイの目状にハンドチョップしたステーキ肉100%の肉肉しさが特徴のKAKUMEIパティを使った6品のほかに、ハンドチョップ肉30%と超粗挽き牛肉ミンチ70%の割合で配合したパティの「STANDARD BURGER」のラインナップがある。

No image

「大田区海苔明太マヨバーガー」(1500円 ※ポテトor「OBANZAI(おばんざい)」付き)

今回は、バラエティ豊かな「STANDARD BURGER」の中から「大田区海苔明太マヨバーガー」(1500円)を紹介。

店長・北見さんの地域を盛り上げたいという思い

「明太マヨバーガーは以前、ほかのお店がマンスリーメニューでやっていたんですが、その時に食べに行けなくて。魚卵が好きなので、明太マヨを使ったバーガーは念願でした(笑)」と小林。

小林も期待を寄せる「大田区海苔明太マヨバーガー」というネーミングの理由は、大田区の老舗のり店「川島屋」の高級のりを使っていることから。

No image

レタス、パティの上にのりを2枚のせ、モッツァレラチーズ、マヨネーズ、明太子をトッピングし、クリームチーズベースのソースを塗ったクラウン(上のバンズ)でサンドする

このメニュー以外にも近隣の飲食店とのコラボ企画を行うなど、開業から3年で地元との繋がりを深めてきた北見さんは「周りのみなさんのおかげで店をやれているので、そのお返しじゃないですけど、この街にもっと人を呼べるようになって貢献できたらと思っています。自分の店だけが繁盛するのではなく、地域全体が盛り上がる方が楽しいですよね」と語る。

No image

小林亮太と店長の北見典晶さん

味の変化を起こすことがこだわりのひとつ

地域愛の強さを感じさせる北見さんだが、バーガーをおいしく食べてもらうためのこだわりも相当なもの。例えば、香りづけと肉の臭み消しとしてナツメグをパティに練り込んでいるが、鉄板で焼く時にさらに中央にひと振りする。

No image

塩コショウを振ったパティの中央に、さらにナツメグを振る

これは、食べ進めるごとに味に変化が出ることで最後までよりおいしく食べられるように、ということなのだそう。明太とマヨネーズを混ぜずに重ねるのも、見た目の良さだけでなく、味の変化を楽しめるようにという理由があるのだ。

No image

【写真】海苔や明太子など和風トッピングのグルメバーガーを持って、はじける笑顔を見せる小林亮太

明太子の塩味やのりの風味、バター風味のバンズが意外なおいしさ

明太子と牛肉という意外な組み合わせだが、北見さんのこだわりからおいしさの説得力を感じる「大田区海苔明太マヨバーガー」。さて、その味は?

No image

小林は「明太マヨをかけたら、なんでもおいしくなると思ってるんですよね」と、さっそく食べ進めていく。

「マヨネーズはよくハンバーガーに使われてますけど、明太子で塩味がプラスされているバーガーって初めて。3対7の割合でハンドチョップと粗挽き肉を混ぜたパティだから、歯応えだけでなくむぎゅっと感があるんです。その食感と明太子の組み合わせがめちゃくちゃいいと思います。海苔の香りがほんのりするのもよくて、海苔がなくても多分物足りないとは思わないけど、海苔が味の奥深さを出してくれている感じですね。あと、例えば、チーズがチェダーだと味が強くてけんかしてしまいそうだけど、モッツァレラだからまろやかさが増して全体がまとまっている気がします」(小林)

No image
No image

明太子とパンの組み合わせといえば、明太フランスのようなさっぱりしたメニューが多いが、ブリオッシュとの相性もなかなかのもの。

No image

「明太マヨにつけて食べたかったので(笑)」とサイドメニューをポテトにした小林

「ヒール(下のバンズ)になにも塗らないバーガーって珍しいけど、このバーガーに関していうとバターの香りが強いブリオッシュだから、それがいいのかもしれないです。俺はバターが好きなのでバターを塗ったバンズも好きだけど、このバンズだからこのままで十分おいしい。この甘いバンズのバーガーだから、お子さんが好むというのも納得というか、幅広い世代から愛されるバーガーなんだというのがわかります!」と感想を語りながら、あっという間に完食!

No image
No image

タブレットから注文が可能

ヘアメイク=田中宏昌

撮影=小山志麻

取材・文=大谷和美

※感染症対策を行ったうえ、店舗の了承を得て撮影時のみマスクを外しています。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加