市原隼人主演、劇場版の2年後描く『おいしい給食 season2』10月から放送決定

市原隼人主演、劇場版の2年後描く『おいしい給食 season2』10月から放送決定

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/07/26
No image

ドラマ『おいしい給食 season2』(全10話)2021年10月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかにて順次放送スタート (C)2021「おいしい給食」製作委員会

俳優の市原隼人が主演し、2019年10月期にテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかで放送された『おいしい給食』の続きが、2年ぶりの連続ドラマとして10月から同局で放送されることが決定。続編のタイトルは『おいしい給食season2』で、20年3月に公開された『劇場版 おいしい給食 Final Battle』の2年後を描く。

【動画】2019年放送『おいしい給食』season1特別映像

80年代。ある中学校で、給食マニアの教師・甘利田幸男(市原)と、給食マニアの生徒・神野ゴウによる、どちらが給食を「おいしく食べるか」という静かな「闘い」を描く学園グルメコメディ。ストイックな役どころを多くこなし、シリアスなイメージの強い市原が、自身初めて「食ものコメディ」にチャレンジ。「選択の余地なき食」=「給食」に挑んだ前作は若者からお年寄りまで幅広い層に絶大な支持を得た。

前作で転勤になった給食マニアの教師、甘利田。新しい中学に赴任して2年が経っていた。相変わらず生徒たちには厳しく接する厳格な教師。だが頭の中は給食のことしかない。毎朝献立を執拗に確認し、ランチタイムに万全を期す。そんな折、甘利田の担任する3年1組に転校生がやって来る。登校してきたその生徒に慄然(りつぜn)する甘利田。それは、かつて甘利田と給食対決をくりひろげてきた宿敵、神野ゴウだった…という展開が描かれる。

前作では、鯨の竜田揚げ、ミルメーク、ソフトめんなど懐かしの給食が毎回登場し、「家族そろって見て楽しいドラマ」「主人との久々な会話はおいしい給食のおかげです」といったコメントが視聴者から寄せられた。小学校6年間で1200食、中学まで入れると1800食の経験値。年代と地域によって異なる献立。世代を超えてみんなが共通の話題にできる給食。続編では、どんな給食が出てくるかにも注目だ。

■市原隼人のコメント

「愛してやまない『おいしい給食』のチームに逢えることがどれほどの喜びか、言葉では伝えられません。完全オリジナルの元、手探りで創った世界に、また没頭できることに胸が躍っています。

この作品を応援して下さる多くの皆様の声により続編が立ち上がりました。本当にありがとうございます。皆様がこの作品を好いて下さる気持ちの100倍、僕はこの作品のファンを愛しております。

“給食”とは、いわば人生で初めての会食です。こんな時代だからこそ、人と顔を向き合わせて味わう“食”がこんなにも楽しいものだという事を忘れないでいただきたいです。

老若男女が世代を超えて楽しめる給食という共通ツールで繰り広げられる、滑稽なまでに給食を愛し、給食に執着する教師と生徒の物語は唯一無二のノスタルジックな感情を覚えます。

すべての方へ送る、あたたかく人情深い、完全にふりきったコメディです。是非、シーズン2の放送まで胸を躍らせてお待ちくださいませ。

■放送局
テレビ神奈川
福島中央テレビ
TOKYO MX
群馬テレビ
とちテレ
テレ玉
チバテレ
山梨放送
北陸朝日放送
メ~テレ
KBS京都
サンテレビ
北海道放送
仙台放送
KKB鹿児島放送
BS12 トゥエルビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加