神戸国際大付は開幕戦登場「北海と当たる夢を見た」

神戸国際大付は開幕戦登場「北海と当たる夢を見た」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

次々と進められる第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会(代表撮影)

<センバツ高校野球:組み合わせ抽選会>◇23日

4年ぶり5度目出場の神戸国際大付(兵庫)は、開幕試合で北海(北海道)と対戦することが決まった。北海とは17年夏の甲子園で対戦し、5-4で勝っている。主将の西川侑志捕手(2年)は「以前対戦したことがあり、強いチームの印象がある。高校生らしいハツラツとしたプレーをしたい。チームのスローガンが『前向き前向き日本一』なので、日本一を目指したい」と話した。

青木尚龍監督(56)は「今朝、初日の第1試合で北海と当たる夢を見たんです。ビックリですね」と“正夢”に驚き「大会の開幕戦でできるのは楽しみです」と喜んだ。

神戸国際大付は05年センバツで4強入りしたが、10年、17年はいずれも初戦で敗れており、春は白星から遠ざかっている。チームの目標は日本一。まず、初戦の勝利に全力を注ぐ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加