中川大志、苦悩も多く複雑な役を演じきる“原動力”になった存在とは...

中川大志、苦悩も多く複雑な役を演じきる“原動力”になった存在とは...

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2021/07/21

片野ゆか著『北里大学獣医学部犬部!』(ポプラ社刊)を原案とした映画『犬部!』が7月22日(木・祝)に公開される。この度、中川大志の様々な表情を収めたメイキング映像が解禁された。

No image

2004年頃に、青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル「犬部」。設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代という二つの時代構成で、かつての「犬部」の仲間たちを再び巻き込んで、信念を曲げずに突き進む青春映画だ。

【関連】林遣都の愛情あふれる、緊張する犬を撫で「俺のほうが緊張してるからな」

超が付くほどの動物好きで、一匹でも多くの命を救うため、どんな状況でも諦めずに奮闘する熱血主人公・花井颯太を演じるのは、NHK連続テレビ小説『スカーレット』や『私をくいとめて』など、話題作に多数出演してきた人気俳優・林遣都。その相棒で心優しい同級生・柴崎涼介に扮するのは、NHK連続テレビ小説『なつぞら』や『虹色デイズ』『砕け散るところを見せてあげる』などに出演し、人気急上昇中の中川大志。

さらに、“犬部”の心強い後輩メンバーとして映画『あの日のオルガン』NHK連続テレビ小説『なつぞら』など女優としての活躍も目覚ましい大原櫻子が、颯太の心意気を慕う“猫好き”佐備川よしみ役に、教授の手伝いで実習用の動物を世話していた秋田智彦役には、『あなたの番です』や『滑走路』『君と世界が終わる日に』など話題作で見せる存在感から、ますます脚光を浴びている浅香航大が扮する。彼ら注目の若手俳優を引っ張るのは、『花戦さ』や『影踏み』など、人の心の機微を繊細かつ堅実に描いてきた実力派監督・篠原哲雄。さらに、動物ドキュメンタリーの名手・山田あかねが脚本を手掛け、保護動物をめぐるリアルな問題や課題を丁寧に物語に織り込んだ。

この度、共演する犬との信頼関係を垣間見る和やかな時間から、命を扱う覚悟がにじむ重たいシーンまで、中川大志の様々な表情を収めたメイキング映像が解禁となった。

本作で中川大志が演じている柴崎涼介は、主人公・花井颯太(林遣都)の心優しい同級生であり、共に“犬部”を設立して動物たちのためにひたむきに奮闘し、卒業後は動物保護センターの一員となるも、16年後にメンバーが再集結した際には姿を見せない、という複雑な事情を秘める役どころ。これほどたっぷりと動物と共演することは初めてだったという中川は、自身が実際に犬を飼っていることもあり「“ワンちゃんファースト”で、なるべくストレスがないように」と楽しみながらも、人一倍ワンちゃんへの心配りを意識し、劇中で相棒となる太郎を演じた犬のきぃとはカメラの回っていないところでも無邪気に戯れているように、しっかり心を通わせている様子が収められている。

一方で、動物にメスを入れる心苦しさも見え隠れする手術シーンの真剣な眼差しや、動物保護センターで深く思い詰めるシーンに向かう前にひとり集中する姿など、演じるにも覚悟の要る場面も多く、「現場にいって沢山のワンちゃんネコちゃんの顔を見ると、本当に癒される、それが救いで、疲れていても全部吹っ飛ばされる」ともコメント。苦悩も多い複雑な役を演じきるにあたって、動物たちの存在が大きな原動力となっていたことを窺わせている。

学生時代、そして卒業後の柴崎がたどる葛藤を、動物たちのパワーにも支えられた中川大志が渾身の熱演。本作の仕上がりに期待が高まる。

■映画『犬部!』

2021年7月22日(木・祝)全国ロードショー
出演:林遣都 中川大志 大原櫻子 浅香航大 /田辺桃子安藤玉恵しゅはまはるみ坂東龍汰田中麗奈酒向芳螢雪次朗岩松了
配給:KADOKAWA

(C)2021『犬部!』製作委員会

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加