「チームが選んだ人をそのまま任命」小山田圭吾氏問題 橋本聖子会長は謝罪

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/20

国際オリンピック委員会(IOC)の第138次総会が20日、都内ホテルで行われ、大会組織委員会が報告を行った。終了後、橋本聖子会長(56)が江東区のメインプレスセンター(MPC)で会見。過去のいじめ告白問題で辞任した小山田圭吾氏(52)について、初めて公の場で謝罪した。小山田氏の辞任で組織委の責任を果たせたかとの問いに武藤敏郎事務総長(78)は「(開会式を)恥ずかしくないものにしていくことに全力を尽くしたい」と答えた。

◇   ◇   ◇

橋本氏は、小山田氏が過去のいじめを告白した雑誌の当該記事を全て読んだとした上で、初めて公の場でコメント。「責任は私にある。しっかり調査できなかった」と責任を認めた。

該当記事が既に世に出回っている中、調査せずに大会の顔となる開閉会式の制作チームを選ぶ過程で大会理念にそぐわない人選をしていたことに「大会の柱である『多様性と調和』について東京大会でしっかり発信しなければいけない中で(人選は理念から)外れていたと思う」と語った。

わずか3日後に迫る開会式が、この状況で国民や世界中の人々に受け入れられるか指摘され「心を痛めた方々への早急な対応が遅れたことを、おわびを申し上げながら、いま一度、多様性と調和の原則にのっとって、最善の努力をしていきたい」と理解を求めた。

19日夜、緊急会見をした際、組織委は小山田氏の過去のいじめについて幹部も制作チームも一切知らなかったと回答。この日、「組織委は何も調べず起用していた印象を受ける」と問われた武藤氏は「任命責任は我々にあるが(制作チームは)仲間や気心を知れた人たちでやらないといけないので、チームが選んだ人をそのまま任命した。報告があった時にチェックすべきだったと言われれば、その通りだ」と説明した。

「小山田氏が辞任すれば我々も降りる」と主張した制作メンバーがいたという情報には「そのような事実を聞いたことがない」と答えた。

小山田氏は五輪とパラリンピックの開会式の音楽を担当しており、五輪の開会式はオープニングの4分間の楽曲を担当。組織委は辞任を受けて楽曲ごと使わないことを発表している。【三須一紀、木下淳】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加