“滋賀の偉人”西川貴教、県民に“ここまで”愛される「深すぎる理由」

“滋賀の偉人”西川貴教、県民に“ここまで”愛される「深すぎる理由」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2022/05/14
No image

西川貴教さんの“愛されっぷり”がスゴい…!

アーティストとして活躍する西川貴教さんの、地元・滋賀県での愛されっぷりが凄まじいーー。

2008年から“滋賀ふるさと観光大使”を務め、滋賀の魅力発信に尽力している西川さん。その活動を知る県民からは「県知事になって欲しい」という声が上がる程、地元で高い信頼を得ています。地元出身の有名人を県民が応援するのはよくある話ですが、滋賀県民にとって西川さんはもっと特別な存在です。

他県から滋賀県に移り住み、6年間、メディアで県内のさまざまな取り組みを取材した筆者は、その存在の大きさや県民との距離の近さに驚かされることばかりでした。

最近、滋賀県内で大きな話題となっているのが、県内で77店舗を展開し、県民の生活になくてはならない存在の老舗スーパー「平和堂」(本社:彦根市)と西川さんのコラボレーション企画。

県民なら誰でも一度は聞いたことがあるスーパーのイメージソング「かけっことびっこ」を、今年3月から12月31日までの期間限定で西川さんが歌っているのです*1。

No image

レコーディングの様子/株式会社平和堂 提供

「かけっこ、とびっこ、元気っこ、みんな集まれ平和堂♪」

「はずむ心の~♪お買い物~♪」

軽快なリズムに合わせて、西川さんが熱唱。毎時24分頃と55分頃、1時間に2回売り場で流れ、その美声に聞きほれるお客さんが続出。平和堂によると「西川さんの歌を聞きたい!」とお客さんが店内に滞在する時間が延びたり、スーパーから足が遠のいていた人達が西川さんの歌を聞くために平和堂を訪れたりと、西川さんの人気を実感しているそうです。(店舗により放送時間が異なる場合があります。詳しくは平和堂公式ホームページ2022年2月24日ニュースリリースに記載)

【註釈*1】
・放送店舗: 平和堂、アル・プラザ、フレンドマート、(株)エール峰山店の158店舗
・放送時間: 開店時間中に、1時間に2回、毎時24分頃と55分頃の放送予定
※店内放送予定は、予告なく変更する場合があります。
※アル・プラザ守山の放送時間は施設の都合上異なります。
※閉店前の時間帯は放送がありません。ご了承ください。
※店舗により他の定例放送、緊急放送等を優先する場合があります。

また平和堂の売り場には、西川さんの顔をパッケージに印刷したインパクト抜群のお菓子がずらり! 滋賀県産の米粉を使用した洋菓子で、今、手土産に購入する人が増えているそうです。

No image

株式会社平和堂 提供

「西川貴教展」も開催、愛される理由は?

どうして西川さんはこれほどまでに、滋賀県民の心を掴むのか!? その答えを探るべく、今、滋賀県内で最も“HOT”なスポット「“滋賀の偉人”企画展 西川貴教展」に伺いました。

No image

「“滋賀の偉人”企画展 西川貴教展」 ※会場内は特別な許可を得て撮影

5月18日まで滋賀県守山市で開催されている、西川さんのこれまでの活躍を振り返る今回の企画展。会場には、西川さんがライブで実際に着用した衣装や、25年間の芸能活動をふり返る年表、西川さんがCMに出演している「消臭力」などがずらり!

今年1月から展示が始まると、北海道から沖縄まで全国各地のファンが訪れ、中には愛用している西川さんグッズを提供するファンも現れるなど、聖地と化しています。

No image

筆者撮影

「西川さんのファンはもちろんですが、地元滋賀県からの来場者が本当に多い! 消臭力をみて爆笑する学生さんや“やっぱ貴教ええなぁ~”と毎日展示を見に来る近所のおじいちゃん。皆さん、西川さんに親しみを感じている様子です」

そう語るのは、この展示会を企画した林正隆さんです。

滋賀県の魅力を発信するウェブメディア「株式会社しがトコ」の代表で、2015年から西川さんの滋賀県での活動を取材し、記事にしています。林さんのお話や展示を通して、西川さんと滋賀県民の深~い関係性が見えてきました。

No image

「株式会社しがトコ」代表取締役・林正隆さん

▼愛される理由1:「滋賀県民は“家族”」 県民との距離が近すぎる!

去年、大津市の商店街を訪れ“まち歩き”の様子をライブ配信した西川さん。その模様を取材した林さんによると、西川さんはまちの人達との交流をとても大事にされていたそうで「最近大津は、どうですか?」「このへん、昔なにがありましたっけ?」と声を掛けたり、シャッター街が多くなった商店街の様子に「大津の人達が危機感をもって活気ある町にするために頑張ってほしい!」と激励したり、気さくに話しかける姿が印象に残ったそうです。

No image

大津市の商店街で西川さんがまち歩きした様子を「しがトコ」が密着/「“滋賀の偉人”企画展 西川貴教展」より

また、最近ではTwitterを通じた県民との交流も盛んに行っています。

前述の「平和堂のイメージソング」を西川さんが歌うことになったのも、西川さんがTwitterで「滋賀県人のアンセム『かけっことびっこ』を歌う日も、そう遠くないかも?」とつぶやいたのがきっかけ。それを見た平和堂が「是非!」とオファーしたところ、快く引き受けてくださったそうです。

さらに、話は少し展示から逸れますが、ことし春のセンバツ高校野球大会で準優勝した近江高校(彦根市)とのほほえましい交流も話題になりました。

近江高校がベスト4入りを決めた日、西川さんが自身のTwitterで「目指せ、決勝!頑張れ、近江高校!」とエールを送ったことを受け、吹奏楽部は急遽T.M.Revolutionのヒット曲「HOT LIMIT」を練習、 準決勝の舞台で初めて演奏しました。

これには、西川さんも「ブラスバンドで聴く『HOT LIMIT』最高でした!初の決勝、ここまで来たら目指せ優勝!皆さん、応援よろしくお願いします!」と反応。

その後もTwitterでのやりとりは続き、なんと!4月18日には西川さんから全校生徒分のパンの差し入れが! 吹奏楽部の皆さんは、部活動後においしく頂いたそうです。

No image

滋賀県民なら誰でも知っている「サラダパン」(イナズマロックフェスとのコラボパッケージ)の差し入れが!/【公式】近江高校吹奏楽部Twitterより

県民との距離がとにかく近い西川さん。企画展に寄せられたメッセージには県民を「家族」と例えていて、それほどまでに滋賀県民を大事に思ってくれていることが伺えます。

▼愛される理由2:滋賀の課題に向き合う “熱心過ぎる観光大使”

また、滋賀県の活性化のために取り組む姿も注目されています。

西川さんの滋賀県での活動で最も知られているのが2009年に始まった「イナズマロックフェス」の主催。「音楽を通じて地元に恩返しがしたい」という思いから、毎年びわ湖畔で音楽フェスを開催しています。3日間で15万人以上を動員する西日本最大級の音楽フェスで、西川さんを始め有名アーティストが多数出演することから全国から音楽ファンが集まり、滋賀県に多大な経済効果をもたらしています。

また、会場には、地元食材を使ったグルメが楽しめるスペースや、滋賀県の観光PRブースなどが設けられ、全国に向けて滋賀を発信する場にもなっています。

No image

企画展会場横のパブリックスペースにて2019年イナズマロックフェスの様子を上映中/株式会社しがトコ提供

そして、滋賀県のシンボル・びわ湖の保全にも熱心に取り組んでいます。絶滅危惧種に指定されているびわ湖の固有種「ニゴロブナ」を40万匹寄付したり、毎年「びわ湖の日」である7月1日には、びわ湖の清掃活動に参加したりしているのです。

No image

「“滋賀の偉人”西川貴教展」で西川さんの清掃活動の様子を説明する林さん/筆者撮影

去年、その清掃活動を取材した林さんは「西川さんはゴミを拾いながら“なぜこのゴミがびわ湖に浮かんでいるのか”“どのような対策をすればゴミがなくなるのか”と熱心に県知事と話し合われていました。取材する度に、滋賀県を本気で想う姿勢に感動させられます」と西川さんに心を掴まれた様子。

最後に、今回の展示「“滋賀の偉人”企画展 西川貴教展」について、次のように想いを語ってくれました。

「西川さんは日ごろから折に触れてメディアで滋賀県の魅力を発信されていますが、それだけではなく、滋賀のために真剣に向き合い行動されている。そんな西川さんの滋賀への想いを発信したい」

会場に訪れた県民からは「同じ滋賀県出身者として誇りです」「滋賀県のために“あっ!”と驚くような楽しいこと、面白いことをしてくださり、地元民として楽しませてもらっています」など、西川さんへの感謝の想いが多数寄せられています。

「なぜ、西川貴教さんはこれほどまでに滋賀県民に愛されるのか?」

西川さんが滋賀県民を家族のように大切に思い、滋賀のために行動する姿を見ると、当然のことかもしれません。

【“滋賀の偉人” 企画展 西川貴教展】
期間:1月12日~ 5月18日
時間:午前10時~午後6時
場所:しがトコ SHI Gallery(シギャラリー)(守山市梅田町)入場無料
ライブ上映日 5月11日(水)・12日(木)・17日(火)・18日(水)
企画展の会場横のパブリックスペースにて「イナズマロックフェス2019」を上映
企画・主催 株式会社しがトコ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加