エンゼルス・アデル、“サイ・ヤング”左腕からバットを砕きながらの先制タイムリー ファン「これは4番」「逆アデった」

エンゼルス・アデル、“サイ・ヤング”左腕からバットを砕きながらの先制タイムリー ファン「これは4番」「逆アデった」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/08/06
No image

【MLB】マリナーズ-エンゼルス(8月5日・日本時間6日/シアトル)

エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場する試合で、同僚のアデルが初回に先制タイムリーを放つと、ファンから「これは4番」「逆アデった」といった反響が寄せられた。

【映像】アデル、バットを砕きながらの先制タイムリー

マリナーズ先発は、昨季13勝をあげア・リーグのサイ・ヤング賞を受賞した左腕、ロビー・レイ。2死走者なしから、3番のレンヒーフォがレフトへのヒットで2塁を陥れると、4番・アデルがフルカウントまで粘った後、バットを砕きながらもショートの頭を越えるしぶといヒットを放ち、レンヒーフォが先制のホームを踏んだ。

アデルといえば守備でのミスが目立つが、一方で高い身体能力から生まれる通常ではあまり見られないような豪快なプレーがファンの人気を集めている。視聴者からは「これは4番」「素晴らしい!」「執念のヒット」「よく打ったなあ」という反響のほか、アデルがミスをした際の「アデった」という表現を用いて「いい意味でアデった」「逆アデった」といった声もあがった。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加