西武本拠地の飲食店がリニューアル 西武OBがオーナーの店も

西武本拠地の飲食店がリニューアル 西武OBがオーナーの店も

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2021/01/13
No image

西武は13日、改修を進めている本拠地メットライフドームエリアについて、一、三塁側コンコースを拡張したエリアなどにオープンする飲食施設の概要を発表した。

今回は同ドームエリアの全77店舗のうち21店舗を入れ替える過去最大のリニューアルとなる。3月にオープン予定。一塁側には12球団の本拠地球場内では初出店となる「MLB café SAITAMA」、三塁側には英国風パブの「HUB」がオープン。一塁側にはヤクルト、西武、日本ハムでプレーした米野智人氏がオーナーを務めるヴィーガン料理などの「BUCKYARD BUTCHERS」が出店する。米野氏は「日本の球場では珍しいおいしいヴィーガン料理を召し上がっていただきながら、皆さまと一緒にライオンズの試合を盛り上げていきたいです!」とコメントした。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加