観月ありさ朝日奈央の体調不良に代打登壇 爽やかシャツワンピにジュエリーきらり「後輩のためなら」

観月ありさ朝日奈央の体調不良に代打登壇 爽やかシャツワンピにジュエリーきらり「後輩のためなら」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2023/01/25
No image

イベントに登壇した観月ありさ=都内

女優の観月ありさ(46)が25日、都内で行われたサッカーのJリーグ30周年オープニングイベントに、松木安太郎氏(65)、中村憲剛氏(42)、槙野智章氏(35)、内田篤人氏(34)、野々村芳和チェアマン(50)と登壇した。

登壇予定だった朝日奈央(28)が体調不良のため、急きょ参加が決まった観月。爽やかな白のシャツワンピースに、大きなブルー系統のジュエリーをまとってにこやかに登場し、「同じ事務所の後輩のためになるならと思って、『よっしゃいこ!』と思ってきました」と、30周年コンセプトワード「よっしゃいこ!」に絡めてあいさつした。

観月は歌手デビューが1991年5月15日で、93年5月15日に開幕したJリーグには親近感も。「同じ日で勝手に縁を感じております。2個パイセン。Jリーグはスタジアムに見に行ったこともありますし、周りにもサッカー愛にあふれる友達も多くて、よく見させていただいています」と語った。

「よっしゃいこ!」と思ったことを問われると、「舞台や歌手活動、女優も体力を使う仕事なので、体力を落とさないようにトレーニングに励んで、体力を維持していきたいと思う。あとコロナ禍で旅行に行けなかったので、今年は海外や国内に行ってその地域のJリーグを見たいです」としっかりアピール。槙野や内田も「すばらしい!一番いい!」と褒めたたえていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加