村田諒太、ゴロフキン戦実現へ「負けないこと」35歳の誓い

村田諒太、ゴロフキン戦実現へ「負けないこと」35歳の誓い

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/19
No image

チャンピオンベルト型チョコが飾られたバースデーケーキに笑みを浮かべる村田諒太

プロボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(35)=帝拳=が12日、誕生日を迎え、所属ジムで報道陣の取材に応じた。

前戦は19年12月、コロナ禍で5度も試合の計画が流れており、34歳は試合なしとなったが「みんな一緒ですから」と惑わず。6日に正規王者からスーパー王者に昇格したことを、熱望するIBF同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦へ「WBAが後押ししてくれた。立場的には近づいた」と受け止めた。

陣営は3月か4月にV2戦、9月にゴロフキン戦を構想。村田は「流動的で何度も流れた話はある」と話しつつ「状況はそろっていて、後は運が味方してくれること。そしてボクが負けないこと。それ以外にたどり着く道はない」と言葉に力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加