巨人がまた守乱で先制点献上 広岡が転倒内野安打 投手けん制悪送球も絡む 両リーグ最速30失策到達

巨人がまた守乱で先制点献上 広岡が転倒内野安打 投手けん制悪送球も絡む 両リーグ最速30失策到達

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/14
No image

1回、岡林の打球を処理して送球する際に転倒した広岡(撮影・伊藤笙子)

「巨人-中日」(14日、東京ドーム)

巨人に守乱が続く。初回に内野安打と失策でピンチを拡大。ヒット性の当たりが出なかったにもかかわらず、わずか打者3人で先制を許してしまった。

初回、先発・シューメーカーが先頭の岡林を二塁手よりの二遊間へのゴロに打ち取った。だが、二塁手・広岡が捕球をするものの、足元をすくわれ転倒。送球ができず先頭打者の出塁を許した(記録は二塁内野安打)。

続く三ツ俣の打席では、シューメーカーが一塁けん制で悪送球で無死二塁に。失策が記録され、これで巨人は両リーグ最速で30失策に到達してしまった。さらに三ツ俣の犠打で1死三塁。阿部の二ゴロの間に三走が生還し、痛い先制点を献上した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加