無料&超簡単にパスワード付きのURLを作成できるオープンソースなウェブサービス「Link Lock」レビュー

無料&超簡単にパスワード付きのURLを作成できるオープンソースなウェブサービス「Link Lock」レビュー

  • GIGAZINE
  • 更新日:2020/05/24
No image

DropboxやGoogle Driveといったクラウドストレージにアップロードしたデータを共有する場合など、URLを誰かに伝えることは日常的な行いです。無料で公開されているオープンソースサービス「Link Lock」を使うと、簡単にURLにパスワードをかけることができます。

Link Lock - Password-protect links

https://jstrieb.github.io/link-lock/create/

GitHub - jstrieb/link-lock: Distributed application to password-protect URLs using AES in the browser

https://github.com/jstrieb/link-lock

さっそくウェブサイトにアクセスすると、URLやパスワードを入力する画面が表示されます。

No image

パスワードをかけたいURLを入力して……

No image

必要な場合はヒントを入力。

No image

パスワードを入力します。

No image

「ADVANCED」をクリックすると、暗号化に関する追加の機能を利用することが可能。Link Lockは暗号化アルゴリズムとしてAESを利用しており、赤枠のボックスにチェックを入れることで、ランダムな初期化ベクトルやソルトを利用することができます。

No image

URLやパスワードの入力が完了したら「Encrypt」をクリック。

No image

すると、Link Lockによって暗号化されたURLが出力されました。「Copy」ボタンをクリックすればURLのコピーが、「Open in New Tab」ボタンをクリックすれば新しいタブでURLを開くことができます。

No image

出力されたURLにアクセスすると、パスワードの入力を求める画面が表示されました。

No image

パスワードを入力して「OK」をクリックすると……

No image

きちんとウェブサイトが表示されました。

No image

パスワードを間違えた場合は以下の画面が表示されます。「Try again」をクリックするとパスワードの再入力が可能。「Lock a link」をクリックすると、Link Lockのウェブサイトに戻ります。

No image

ヒントの設定を工夫すれば、CAPTCHA認証のように使うこともできます。

No image

Link Lockではサーバー側にパスワードなどの情報は一切保存せず、Cookieをブラウザに保存することもないとのこと。Link LockのソースコードはGitHub上に公開されています。

GitHub - jstrieb/link-lock: Distributed application to password-protect URLs using AES in the browser

https://github.com/jstrieb/link-lock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
民間のデータサイエンティストが見た「驚きの内幕」、厚労省の接触データ分析
サムスン、リード最大1,050MB/sのUSB 3.2 Gen2外付けSSD
1人10万円の特別定額給付金、オンライン申請に「ハードルが高すぎる」と悲鳴も
Surface Go 2発表。本体そのまま画面大型化、Core mと8GB RAMの上位版も
政府・企業の「偽サイト」。いきなり大量発生の怪

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加