人気陶芸家、うーたん・うしろの個展がes quartにて開催。モデル兼アーティストの花楓とのコラボ作品も展示

人気陶芸家、うーたん・うしろの個展がes quartにて開催。モデル兼アーティストの花楓とのコラボ作品も展示

  • SPUR
  • 更新日:2022/11/25

東京都台東区千束のギャラリー、es quartでは、2022年11月26日(土)〜12月11日(日)、陶芸家のうーたん・うしろによる作品展「うーたん陶芸:⽉の鏡」を開催する。モデル兼アーティストの花楓とのコラボレーションによる作品や器、立体作品など幅広い作品が集まるほか、巨大なインスタレーション作品も登場する。

東京都台東区千束のギャラリー、es quartでは、2022年11月26日(土)〜12月11日(日)、栃木県益子町を拠点に活動する陶芸家、うーたん・うしろの作品展を開催する。

No image

自作の全地下式⽳窯で焼成される作品の数々。

うーたん・うしろは1990年生まれ。レスキュー隊員として消防署に勤務していた頃に陶芸と出会い、作陶を始めたという異色の陶芸家。2021年には益⼦町に⾃作の全地下式⽳窯を築窯し、⼭で堀った⼟や⽯を使いつつ、薪をくべて器を焼くことを始めている。陶芸作品の制作を中⼼に活動を展開しているが、舞踊とヨガをライフワークとし、現代におけるシャーマニズムの実践・研究にも取り組んでいる。

No image

モデル兼アーティストの花楓の提案で今回の展覧会が実現。

本展はes quartと親交の深いモデル兼アーティストの花楓からの提案で実現したもの。直接的なやり取りとは異なる、媒介物を通じた間接的なコミュニケーションをテーマにした本展では、うーたん・うしろと花楓との間で対話が続けられたというが、それは言葉だけではなく、メールの絵⽂字や、詩や写真のやりとりや、うーたん・うしろが花楓の作った粘⼟の器を削って焼くことなど、間に何かを挟んでのやり取りが多かったという。

No image

花楓とうーたん・うしろ。

今回はそんな「お互いを柔らかく反射する鏡を通じたコミュニケーション」の過程から生まれたうーたん・うしろと花楓のコラボレーション作品を展⽰するほか、⾃作の⽳窯で焼き上げた陶器、粘⼟以外の素材を使って制作した作品、平⾯作品、⽴体作品などを展示。会場には、es quartの空間を生かした巨大なインスタレーションも展示される。

No image

会場には陶器だけでなく、さまざまな作品を展示する予定。

会期中の土曜・日曜には作家が終日在廊予定。また、11月26日(土)13:00〜18:00にはオープニングレセプションが、また12月10日(土)15:00〜18:00にはクロージングイベント「⾳楽陶芸ライブパフォーマンス」が開催される予定だ。詳細はes quartウェブサイトおよびInstagramでチェックして。

U-Turn Ushiro Ceramic Exhibition「うーたん陶芸:⽉の鏡」
会期:2022年11⽉26⽇(土)〜12⽉11日(⽇)
会場:es quart(東京都台東区千束3-4-3 千束河合荘2-3F)
時間:11:00〜18:00
定休日:月曜
https://esquartgalerie.com/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加