芥川龍之介&中島敦が談笑!?『文豪ストレイドッグス』実写映画の場面カット

芥川龍之介&中島敦が談笑!?『文豪ストレイドッグス』実写映画の場面カット

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/11/25
No image

『映画 文豪ストレイドッグス BEAST』より - (C) 映画「文豪ストレイドッグス BEAST」製作委員会

シリーズ累計850万部(電子含む)を突破した朝霧カフカ(原作)と春河35(作画)による人気漫画「文豪ストレイドッグス」シリーズ初の実写映画『映画 文豪ストレイドッグス BEAST』(2022年1月7日公開)から、新たな場面カットが7点公開された。

アニメ化や舞台化もされた「文豪ストレイドッグス」は、中島敦や芥川龍之介といった実在の文豪の名前を持つ登場人物たちが、異能を駆使してバトルを繰り広げるアクション作品。今回の映画では坂本浩一監督がメガホンを取り、中島敦(鳥越裕貴)とその宿敵の芥川龍之介(橋本祥平)の所属する組織が原作と逆だったら……という“もしも”の物語を描き出す。

このたび公開された新たな場面カットには、本作の主人公・芥川龍之介と敵対しているはずの中島敦の談笑シーンや、一転して、中島に芥川が掴みかかる姿など、気になる場面が多数収められている。さらに、車内で密会する織田作之助(谷口賢志)と坂口安吾(荒木宏文)、冷たく視線を交差させる中島と中原中也(植田圭輔)、貧民街で立ち尽くす芥川と妹の銀(紺野彩夏)の姿などが捉えられている。(須田璃々)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加