巨人・坂本が19試合ぶり一発から2打席連発 14号2ランはバックスクリーン 15号ソロは右翼へ

巨人・坂本が19試合ぶり一発から2打席連発 14号2ランはバックスクリーン 15号ソロは右翼へ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/09/16

◇セ・リーグ 巨人―DeNA(2021年9月15日 東京D)

No image

<巨・D>6回無死、坂本はソロホームランを放ち、ナインの出迎えを受ける (撮影・森沢裕)

巨人の坂本勇人内野手(32)がDeNA戦(東京D)に「3番・遊撃」で先発出場。4回にバックスクリーンへ14号2ランを叩き込むと、6回には右翼スタンドへ2打席連発となる15号ソロを放って打線をけん引した。

坂本は0―3で迎えた4回、無死一塁で入った第2打席で相手先発右腕・大貫が1ボールから投げた2球目、真ん中付近に入ったスライダーをバックスクリーンへ叩き込んで1点差。これが坂本にとって8月24日の広島戦(東京D)以来19試合ぶりの一発となった。

すると、2―4と再び2点差となって迎えた6回、先頭打者として入った第3打席で大貫の投じた初球の外角低めスライダーを今度は右翼スタンドへ。2打席連発の15号ソロで、再び1点差とした。

▼坂本 点を取られた次の回だったのでまずは1点取り返せてよかったです。いい打ち方ができました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加