韓国版『ペーパー・ハウス・コリア』主演俳優らが自信「韓国だけが描ける話」

韓国版『ペーパー・ハウス・コリア』主演俳優らが自信「韓国だけが描ける話」

  • 韓ドラ時代劇.com
  • 更新日:2022/06/23

6月22日、Netflixオリジナルシリーズ『ペーパー・ハウス・コリア:統一通貨を奪え』の制作発表会が行われた。

【注目】ネトフリ『美男堂の事件手帖』は痛快な捜査劇!ソ・イングクの“巫女ぶり”に期待大

同作は、全世界的に人気を集めたスペインドラマ『ペーパー・ハウス』の韓国リメイク版。南北統一を目前にした朝鮮半島を舞台に、さまざまな能力を持つ韓国と北朝鮮の強盗たちが繰り広げるクライムサスペンスを描く。ユ・ジテ、キム・ユンジン、パク・ヘス、チョン・ジョンソら実力派俳優たちが集結したことで早くも話題を呼んだ。

制作発表会に出席したキム・ユンジンは「原作があまりにも有名なので、これを作ってもいいのかなと思うくらいプレッシャーが大きかった。それでも(リメイク版は)分断国家である韓国だけが描ける話だし、原作の長所を圧縮して韓国的な魅力が加わった。脚本家リュ・ヨンジェさんが良い台本を書いてくださって、これなら出来ると思った」と打ち明けた。

No image

左からキム・ユンジン、ユ・ジテ(写真提供=OSEN)

ユ・ジテも「ファンがすごく多いドラマだが、素晴らしいストーリーはどの国でも通じると思った。韓国のコンテンツが世界的に飛躍できる理由は賢さにあると思う。南北の設定をうまくミックスさせ、僕たちならではの魅力とユーモアを盛り込んだので楽しくご覧いただきたい」と呼びかけた。

脚本を手がけたリュ・ヨンジェは「スペインの原作が配信された当初、本当に印象的だった。作品のファンとしてぜひリメイクしたいと思うようになった。でもNetflixなので勝手に出来るものはなかった。韓国的な話でどのようにリメイクできるかという悩みを原作者と共有し、Netflixとの話し合いの末に制作されることになった」と説明した。

『ペーパー・ハウス・コリア:統一通貨を奪え』パート1は、6月24日にNetflixで独占配信される。

(記事提供=OSEN)

韓ドラ時代劇.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加