北の富士氏「自慢の鼻を見事に折られた」自身の連敗記録に苦笑/7月場所

北の富士氏「自慢の鼻を見事に折られた」自身の連敗記録に苦笑/7月場所

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/08/02

大相撲7月場所千秋楽(2日、両国国技館)平幕阿武咲(24)が千代丸(29)を下手投げで下し、2勝13敗で場所を終えた。NHKでテレビ解説を務めた北の富士勝昭氏(78)=元横綱=は、「僕は初日から13連敗というのはないけど」と今場所の阿武咲に触れた。入幕2場所目だった昭和39年春場所で自身が10連敗したことを踏まえ、「それまでは負ける気がしなかったんだけどね、負けだしたら勝つ気がしなかった」と述懐。「それが連敗記録です。もう自慢の鼻を見事に折られた」と苦笑していた。

No image

北の富士勝昭氏

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加