鷹・甲斐拓也、ベストナイン受賞も笑顔なし 打率.180に「全く貢献できていない」

鷹・甲斐拓也、ベストナイン受賞も笑顔なし 打率.180に「全く貢献できていない」

  • フルカウント
  • 更新日:2022/11/25
No image

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

今季を振り返って「自分自身納得できたものではない」

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、自責の思いを口にした。今季のパ・リーグのベストナインに選出され、25日は都内で開催された「NPBアワード」に出席。行われたオンライン会見で、笑顔はなく「自分自身納得できたものではないので、この賞に恥じないように来年やらないといけないと思っています」と神妙に語った。

今季もソフトバンクの正捕手として130試合に出場したものの、シーズンを通じて打撃不振に陥り、打率.180に終わった。西武・森友哉捕手との争いを制して受賞にも「チームに貢献しないといけないと思いますし、そういったことが今年は全くできていなかった。打つことも求められてきますし、やらないといけないと思っています」と反省ばかりが口を突いた。

チームもリーグ優勝を目前のところで逃し、正捕手として責任も痛感している。「自分自身納得できるものではないですし、自分自身感じているところ」と語り、来季に向けて「もう1度見つめ直してというのが必要だと思っています」と出直しを誓っていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加