秋田県内もふぶきに 厳しい寒さも この冬一番の寒気流入で 引き続き暴風雪に警戒を

秋田県内もふぶきに 厳しい寒さも この冬一番の寒気流入で 引き続き暴風雪に警戒を

  • 秋田朝日放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

秋田朝日放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

この冬一番の寒気が流れ込み秋田県内は時折強くふぶき厳しい寒さが続いています。26日にかけて暴風雪に警戒してください。

強い冬型の気圧配置の影響で沿岸を中心に強くふぶいているところがあります。各地の最大瞬間風速は八峰町八森で27.8m、能代市で24.7mなどとなっています。非常に厳しい寒さも続いていて秋田市ではマイナス8.6℃まで冷え込み八峰町八森やにかほ市では1月の観測史上最低気温となりました。

交通機関への影響も出ています。JRによりますと大雪や強風の影響で奥羽線や羽越線は一部区間で運転を見合わせています。また五能線、北上線、花輪線にも運休や区間運休が出ています。25日午前9時すぎの秋田空港は猛吹雪となり滑走路は真っ白で見通しが悪くなっていました。日本航空は秋田空港を発着する全便が、全日空は20便が欠航となっています。

26日にかけて風の強い状態が続く見込みで予想される最大瞬間風速は沿岸で30m、内陸で25mです。26日朝までに降る雪の量は内陸の山沿いで50cmなどと予想されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加