ノンスタ石田 「断ろうと思った」...舞台「熱海殺人事件」に

ノンスタ石田 「断ろうと思った」...舞台「熱海殺人事件」に

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/15
No image

石田明(右)を相手に熱演する乃木坂46の新内眞衣=東京・新宿の紀伊國屋ホール(撮影・園田高夫)

俳優の味方良介(28)、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明(40)、乃木坂46の新内眞衣(28)が14日、東京・紀伊國屋ホールで行われた舞台「熱海殺人事件 ラストレジェンド~旋律のダブルスタンバイ~」の公開稽古と舞台あいさつに出席した。

同ホールは、今年2月から改装工事のため休館となり、57年の歴史にいったん幕が下りる。主演を務める味方は「この劇場は独特の活力がある。自分たちのできること以上のことをやって、全力で燃え尽きたい」と語り、「もうだめだ。と思った時に生き返らせてくれた」と劇場の思い出を語った。

18、19年に続き、3回目の出演となる石田は「ほんとはオファーが来た時に断ろうと思っていた」と明かし、コロナ禍で人との関わりが減った現状を踏まえ「心の濃厚接触というか。そういうものをこの舞台で見せていけたら」と出演に至った理由を明かした。

ヒロインに抜てきされた新内は「ヒロイン役は初めてで、すごく緊張しているんですが、全力で突っ走っていこうと思います」と力強く意気込んだ。

舞台は、この日に初日を迎え31日まで同ホールにて上演される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加