小学生が車いすを体験 自分にできるボランティア考えて【佐賀県鳥栖市】

小学生が車いすを体験 自分にできるボランティア考えて【佐賀県鳥栖市】

  • SAGATVニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

サガテレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

車いすを体験することで、高齢者や障害者に思いやりを持ち、自分にできるボランティアについて考えてもらおうという体験学習が鳥栖市の小学校で開かれました。

体験学習に参加したのは、鳥栖市の若葉小学校の4年生約60人です。

児童に、車いすを体験することで、実際に使っている高齢者や障害者に思いやりを持って行動できるようになってもらおうと行われました。

児童たちは車いすを使っている人の日頃の生活の様子や環境などについて話を聞いたあと、実際に乗って段差を乗り越えたり、自動販売機で買い物したりするなどして、普段の生活との違いを体感していました。

【参加した児童】

「車いすに乗ったことがなかったので、こんなに大変だとは思わなかった」

【参加した児童】

「困っている時には手助けしたいと思った」

この体験学習は地域住民の発案で始まり、毎年行われているということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加