井村屋の「大豆ミートまん」をおいしく食べるアレンジレシピ4選

井村屋の「大豆ミートまん」をおいしく食べるアレンジレシピ4選

  • @DIME
  • 更新日:2021/04/06
No image

料理研究家・島本美由紀さんが監修した井村屋の“ギルトフリー”な肉まん「大豆ミートまん」をさらにおいしく食べられるアレンジレシピ4品

井村屋は、料理研究家・島本美由紀さんが監修した、冷凍中華まん「大豆ミートまん」のアレンジレシピ4品を公式ホームページにて公開した。

井村屋の「大豆ミートまん」は、井村屋の代表商品である肉まんのおいしさはそのままに、豚肉を植物由来の大豆ミートに置き換えた商品。豚肉使用の肉まんよりも、脂質やカロリーが低く、コレステロールは0mg。さらには、植物性原料を使用した野菜ブイヨン(井村屋ブランド:JiAi)も使用しているため、健康を意識している人でも罪悪感なく食べられる“ギルトフリー”な肉まんとして注目を集めている。

No image

今回、同社は、そんな「大豆ミートまん」をさらにおいしく食べられるアレンジレシピを公開。監修を担当したのは、雑誌やテレビなどで活躍中の料理研究家・島本美由紀さんで、レシピは「“超大豆”ミートまんのトマト煮仕立て」「大豆ミートまんサラダ」「中華風大豆ミートまんスープ」「大豆ミートまんの簡単卵とじ」の4品となる。

大豆をとにかく摂りたい人におすすめなのが「“超大豆”ミートまんのトマト煮仕立て」。大豆のうまみがたっぷり詰まったトマト煮と合わせた一品で、大豆ミートまんに、さらに蒸し大豆を合わせることで、大豆に含まれるイソブラボンや食物繊維をたっぷり摂取できるのがポイントだ。

No image

「大豆ミートまんサラダ」は、ヘルシーに食べたいけど、お腹も満足させたい人におすすめのレシピ。シャキシャキの野菜と、大豆ミートまんのもっちり食感がくせになるサラダで、オリーブオイルと塩・黒こしょうのみの薄い味付けでも美味しく食べられ、身体にも優しいのがポイントだ。

No image

「中華風大豆ミートまんスープ」は、夕食や小腹がすいた夜食におすすめ。大豆ミートまんを焼き目がつくまでしっかり焼くことで、カリッとした食感と、スープがしみ込んだジューシーさが楽しめる一品で、焼くことで香ばしさが加わり、ジューシーになった大豆ミートまんとあっさりスープの相性は抜群だ。

No image

そして、カロリーを気にしながらも、がっつり食べたいときにおすすめなのが「大豆ミートまんの簡単卵とじ」。和風だし香る卵でとじた“かつ丼”を彷彿とさせる一品で、かつ丼の肉を大豆ミート、ご飯を大豆ミートまんの皮で代用。とんかつの卵とじよりも油を使って揚げていない分、カロリーを大幅に抑えられるのがポイントだ。

No image

食べてみたいと思った人は、ぜひ下記HPからチェックしてみよう!

関連情報
https://www.imuraya.co.jp/goods/nikuman/frozen/daizuman/

構成/立原尚子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加