『犬に愛される人』に共通する4つの特徴!頼れる飼い主になる方法

『犬に愛される人』に共通する4つの特徴!頼れる飼い主になる方法

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2022/08/09
No image

犬から愛されるにはどうしたら良いの?

No image

みなさんは愛犬からどんな風に思われていると感じますか?飼い主であれば(犬に好かれたい!愛されたい!)と思うのは当然のことですよね。

でも「好かれたいのに、なぜか犬が冷たい気がする」という悩みを抱える飼い主さんは、けっこう多いのではないでしょうか。

そんな飼い主さんのために、犬に愛される人にはどんな特徴があるのかをご紹介していきます。もしかしたら真逆の行動を取っているかもしれませんのでチェックしてみましょう!

『犬に愛される人』に共通する4つの特徴

No image

1.いつも落ち着いている

犬は、人間の感情を敏感に感じ取ることができる動物です。

いつもバタバタと焦って行動している人や、感情が落ち着かずイライラしている人には、犬は不安を感じてしまいます。一緒にいて不安になる人は、犬は頼りにすることができません。

いつも落ち着いて、穏やかでいる人に対しては、犬は一緒にいて安心でき、信頼を寄せてくれるはずです。犬と一緒にいる時には、落ち着いて行動し、信頼してもらえるように努めましょう。

2.高めの声で優しく話す

犬は、低い音や大きい音が苦手な動物です。

犬にとって低い音は、威嚇の時に使うものであるため、低い声で話しかけられると緊張してしまいます。また、大きい音には、驚いたり興奮したりしてしまい、ストレスに感じてしまうのです。

犬が男性や子どもよりも、女性や年配の人に好意的なことが多いのは声や話し方が1つの理由だと考えられます。

犬に話しかける時は、優しく穏やかに、高めの声を意識して話すと良いでしょう。そうすれば犬は「なんだかこの人は落ち着く」と感じ、好意を抱いてくれるはずです。

3.犬の習性を理解している

No image

犬に愛される人は、犬の習性を理解し、犬に適した接し方をすることができます。犬がどんなことを嫌がるのかを知っていないと、愛されるどころか、嫌われてしまうこともあるのです。

犬が嫌がる行動は主に次の通りです。

上から撫でる

目をジッと見つめる

強く抱きしめる

尻尾や足先を触る

匂いの強い香水をつける

過度に構いすぎる

このような行動を取ると、犬に「この人は嫌なことばかりしてくる」と思われて、避けられてしまいます。

犬にどんな習性があるのか知っていれば、行動も理解しやすく、犬が出しているサインも見逃さずに対応できます。そうすれば、犬は「この人は自分を理解してくれている!」と懐いてくれるでしょう。犬に愛されるには、まず犬のことをよく知ることが大切です。

4.一貫性のあるしつけをする

犬との関係性において、大切なのは『信頼関係が築けるかどうか』です。

しつけの仕方に一貫性がなく、気分よって違う指示を出す相手には、犬は混乱し不信感を持ってしまいます。犬には毅然とした態度で、しつけを行いましょう。そうすれば、犬はあなたを信頼してくれるようになるはずです。

まとめ

No image

犬に愛される人に共通する4つの特徴をご紹介しました。

犬から愛されるためには、犬がどんな動物なのかを理解し、犬のためを考えて行動する必要があります。そしてなにより、犬に愛情を持って接すること。それが一番大切です。

あなたも愛犬から頼られ、愛される飼い主を目指しましょう。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

犬が『信用していない人』にする行動4選

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
綿鍋 あや

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加