オリックス宗ランニング3ランで突き放し4位浮上 西武2連敗で5位転落

オリックス宗ランニング3ランで突き放し4位浮上 西武2連敗で5位転落

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

西武対オリックス 8回表オリックス2死二、三塁、ランニング本塁打を放ち歓喜の表情でナインの出迎えを受ける宗(右)(撮影・垰建太)

<西武3-6オリックス>◇3日◇メットライフドーム

西武は来日初先発のダーモディが3回無失点の立ち上がり。オリックス先発の宮城も3回1安打無失点と、序盤は投手戦の様相。

オリックスは0-0で迎えた6回、先頭から連打で一、二塁のチャンスをつくり、頓宮が4号3ランで先制した。

オリックスは8回に宗のランニング3ランで突き放し、対西武4連勝で4位浮上。敗れた西武は2連敗で5位に転落した。オリックス宮城が3勝目、漆原2セーブ、西武宮川1敗。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加