AKB48、SHOWROOM選抜は令和の『総選挙』? 本田仁美、岩立沙穂、山根涼羽......ファンの心を掴むメンバーの共通点

AKB48、SHOWROOM選抜は令和の『総選挙』? 本田仁美、岩立沙穂、山根涼羽......ファンの心を掴むメンバーの共通点

  • Real Sound
  • 更新日:2022/09/23
No image

AKB48「Sugar night」MVより

AKB48の60thシングル『久しぶりのリップグロス』に収録される“SHOWROOM選抜”によるミュージックビデオ「Sugar night」が9月20日、YouTubeの公式チャンネルにて公開された。

(関連:【動画あり】AKB48「Sugar night」MV

7月18日から8月3日までの期間、ライブ配信サービス・SHOWROOMとAKB48の連動企画としておこなわれた『SHOWROOM選抜』オーディション。企画内容は、獲得ポイント数が多いランキング上位8名が同曲の歌唱メンバーとして選抜され、ミュージックビデオの撮影、SHOWROOM番組にメイン出演などができるというものだ。

エントリー者は全員ではなく、同企画への参加を希望したメンバーのみ。ただ、2018年を最後に『AKB48選抜総選挙』が開催されていないこともあり、現在のグループ内で支持率が高いメンバーが可視化できる部分でも、同企画はひとつの参考になるランキングとなった。

■本田仁美にグループの未来を託したいファンが続出?

そんなランキングで1位に輝いたのが本田仁美である。59thシングル『元カレです』(2022年)でもセンターをつとめた本田。日韓同時放送のオーディション番組『PRODUCE 48』を経て2018年10月よりIZ*ONEのメンバーに。同グループ活動終了後、2021年5月にAKB48へ復帰してからは圧倒的なダンスパフォーマンスでグループを牽引。本格的なダンス&ボーカルグループへと変貌を遂げつつある現在のAKB48の顔といっても過言ではない。

本田自身、2022年9月16日発売の雑誌『週刊ヤングマガジン』(講談社)のインタビューで、「“AKB48のセンター”までの道のりは遠く長く、かけ離れた存在でした」と口にしていた。ただ、よく知られているように彼女は体作り、美容研究などで自身のポテンシャルを高めていった。同誌でも「『スクラップ&ビルド』が好き」「自分の可能性をどんどん追求していきたい」と前向きな言葉を届けているが、そうやって成果をのこしていく本田に、グループの未来を託したくなるファンは多いのではないだろうか。それが今回の順位にもあらわれたように思える。

2位にランクインしたのが、2011年から活動している岩立沙穂。彼女も、本田らともに『PRODUCE 48』へ参加。グループバトルでセンターをつとめたほか、1分PR動画ではケーキをほおばるなどしてアピール。おっとりしたキャラクターで知られるが、AKB48では2019年から約2年半、チームBのキャプテンもつとめるなどしてグループを支え続けてきた。デビュー前、研究生オーディションに2度不合格となり、それでも諦めずに3度目のチャレンジで合格をつかみ取るなど苦労人でもある。運営陣からも「努力家」「ガッツがある」と評されている彼女のがんばりが、2位という数字につながったのではないか。

3位の山根涼羽は2016年12月に16期生としてお披露目されたメンバー。彼女も紆余曲折があった。2021年5月27日から約2カ月、活動を休止。12月3日には自身のnoteで「私の病気について」と題し、休止理由が双極性障害だったことを明かした(※1)。無理なダイエットがきっかけとなり、その間は悩みながらステージに立っていたという。ただ、noteのなかでの「それでもAKB48という場所で私はアイドルをしたいと思い、帰ってきました。頑張らせてください」という言葉が胸を打った。その想いは、彼女のファン以外の人たちの心にも響いたはず。

■大西桃香の連続配信記録から分かること

上位3名をみていると、いずれもさまざまな挫折から這い上がってきたメンバーであることが分かる。そしてそんなメンバーの奮闘は、新型コロナなどで多くの人たちが心身ともに疲弊した状況に置かれている昨今、がんばりを後押ししてくれているように感じられるのではないか。また彼女たちは、決して加入当初から“エース候補”として目されていたわけではない。一段一段、階段をのぼってきた3人である。

今回の「SHOWROOM選抜」のトップ3は、(もちろんグループ全員に当てはまることだが、とりわけ)何度も心が折れかけながらもそれを乗り越え、成長していった面々なのではないだろうか。

ある意味、泥臭さを感じる背景を持つメンバーがファンの気持ちをつかみやすいのかもしれない。たとえば8位の大西桃香も、2016年10月17日から2018年8月13日まで、なんと毎朝5時30分から連日SHOWROOMで配信をおこなった。以降も時間が不定期となりながら毎日配信を継続。2022年7月25日に新型コロナウイルスに感染したことで連続配信記録が途絶えたが、なんとその日数は2110日に及んだ。大西もまた、綺麗事では絶対に成し遂げられない地道な努力が実を結んでいると言える。

『AKB48選抜総選挙』がおこなわれていた時期より、さらに発信できるコンテンツが増えた現在。それにより、ファンもメンバーのことをより深く見ることができるようになり、推しの努力や苦労になんとか報いてあげたいと考えているはず。それが形としてあらわれるという点でも、こういったランキング企画は大きな意味を持っているように感じられる。

※1:https://note.com/zunchan0811/n/ndc93bb7b5c33

(田辺ユウキ)

Array

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加