般若のドキュメンタリー映画「その男、東京につき」公開、R-指定やT-Pablowも出演

般若のドキュメンタリー映画「その男、東京につき」公開、R-指定やT-Pablowも出演

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2020/10/18

般若初の長編ドキュメンタリー映画「その男、東京につき」が12月25日に東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される。

No image

般若

東京・三軒茶屋で育ち、本日10月18日に42歳の誕生日を迎えたラッパー・般若。映画では、いじめを受けて自殺も考えたという壮絶な過去を経て、東京・日本武道館でのワンマンライブを成功させた彼が、これまで語ってこなかった父への思いや、新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るう中での思いを語っている。映画の監督・編集は岡島龍介が担当し、般若のほかZeebrat-Ace、R-指定(Creepy Nuts)、T-PablowBAD HOP)、Gami、BAKU、松井昭憲らが出演。映画公開の発表に際して、般若は「全米が泣かなくて申し訳ありませんでした。深く貴方の心に突き刺します」とコメントしている。

YouTubeでは日本武道館でのステージ映像や楽曲制作中の姿、ヒップホップへの思いを語るインタビューなどを収めた特報映像を公開中。また映画公開を記念して、般若のYouTube公式チャンネルでは未公開のミュージックビデオ7本が本日10月18日より1本ずつ公開される。第1弾「スーパースター」は2006年にリリースされた人気曲で、MVには撮影当時に訃報が伝えられた故・山本KID氏の映像が所属ジム・KRAZY BEEの許諾のもと使用されている。

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加