「タケはもう少し時間がかかる」久保建英の怪我の状態についてマジョルカ指揮官が言及! 11月のW杯予選に影響も

「タケはもう少し時間がかかる」久保建英の怪我の状態についてマジョルカ指揮官が言及! 11月のW杯予選に影響も

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/10/14
No image

9月のマドリー戦で膝を故障し、戦列を離脱している久保。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

故障離脱が続いている久保建英の現状について、指揮官が言及した。

スペイン・メディア『Futbol Fantasy』によると、10月13日にマジョルカのルイス・ガルシアがスポンサーとのイベントに参加。そこで故障者について語ったという。

久保は9月22日のレアル・マドリー戦で膝を故障し、前半のみで交代した。マジョルカ側から怪我の詳細について発表はなく、L・ガルシア監督は「少なくとも1か月はかかる。これは最初の診察の見方で、3週間ぐらい経てば、もっと早くなるか遅くなるかわかるだろう。 少なくとも3週間か1か月はかかる」と話していた。
【動画】サイドチェンジのパスを圧巻のトラップ!マドリーの20歳DFを翻弄した久保の超絶テクニック
また、その後のホームゲームでは、松葉杖を脇において試合を観戦する姿が中継カメラに抜かれ、状態が心配されていた。

その日本代表MFについて、指揮官は「タケ・クボはもう少し時間がかかるだろう」とコメント。1か月での復帰は難しいようだ。

そうなると懸念されるのが、日本代表の活動への影響だ。森保ジャパンはカタール・ワールドカップのアジア最終予選で、11月11日にベトナム、16日にオマーンとのアウェーゲームが控えている。この時点で復帰の目途が立たないのであれば、欠場を余儀なくされる可能性もある。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【動画】ヒールでボールを浮かせて…久保建英が披露した驚愕のテクニック

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加