貴景勝は大丈夫か “ガチンコ全盛時代”の年寄株不足で「次の豊ノ島」がすぐ出てくる危機

貴景勝は大丈夫か “ガチンコ全盛時代”の年寄株不足で「次の豊ノ島」がすぐ出てくる危機

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2023/01/25
No image

年寄株の取得はできるか(時事通信フォト)

大相撲初場所は激しい相撲の連続で、休場者が相次ぐ事態となった。大関候補の豊昇龍は9日目の若元春戦で敗れて6勝3敗となった取組で左足首を捻挫。10日目を休場したが、11日目から再出場。8勝7敗と勝ち越して関脇に残った。昨年11月場所の11勝が起点となって3月場所での大関昇進に可能性が残った。相撲担当記者はこう言う。

「大関候補の高安も5日目の琴ノ若戦で膝を痛めて6日目から休場した。同じく6日目から休場した隠岐の海は、翌場所が13年ぶりの十両転落となるということで、翌日に引退を表明している。横綱・照ノ富士、平幕・栃ノ心も休場。ガチンコ相撲では力士たちが土俵下に落ちるまで勝負を諦めないためケガと背中合わせの土俵となる。

理事長部屋の隠岐の海は現役時代に『君ヶ濱』の年寄株を取得していた。2021年3月場所後に引退した元関脇・琴勇輝は、隠岐の海からの借り株で『君ヶ濱』を襲名していたが、隠岐の海の引退が近いため、昨年10月に『北陣』に名跡を交換している。北陣は現役力士の遠藤の名跡で、借り株を乗り換えたかたちです」

1月4日には「井筒」を襲名していた元関脇・豊ノ島が相撲協会を退職。「借り株だった『井筒』の借り入れ期限がきたが、次の株が見つからなかった」(同前)とされている。親方として協会に残るには105しかない年寄株の取得が必要で、椅子取りゲームは熾烈だ。「元・琴勇輝はうまく乗り換えられたが、『北陣』を所有するガチンコ力士の遠藤もかつて右上腕二頭筋遠位部断裂で引退の危機があったように、常にケガと背中合わせ。元・琴勇輝にとっては綱渡りの親方生活が続く」(同前)という状態だ。

ある若手親方は有力力士でも年寄株の手当てままならない状況に危機感を募らせる。

「現役力士で年寄株を取得しているのは遠藤(北陣)や阿武咲(音羽山)など数人。高安や北勝富士などはすでに手当ができているといわれるが、ほとんどの現役力士は年寄株の目処が立っていない。

押し相撲の貴景勝が横綱になったとて、ガチンコの相撲では短命横綱になりかねない。元大関・北天佑(元・二十山親方)の次女と結婚しており、かつての二十山部屋の土地・建物があるから部屋を構える準備はできているが、年寄株は手当てできていない。横綱なら現役名で5年間、協会に残れるため、その間に年配の親方衆の定年を待つことができるとはいえ、元横綱・白鵬(宮城野親方)ですら年寄株の手配には苦労した。元横綱の鶴竜親方は、陸奥親方(元大関・霧島)の2024年4月の定年まで待っている状態です」

優勝を経験した力士でも協会に残れない?

時津風部屋の由緒ある四股名を継承した元前頭・豊山も右上腕二頭筋腱断裂のために引退したが、継承する年寄株がなく廃業となった。前出・若手親方が続ける

「幕内最高齢の38歳の玉鷲は優勝経験もあって、協会に残るつもりで帰化の手続きをしているが、年寄株が入手できないようだ。師匠の片男波親方(元関脇・玉春日)は51歳と若いため、なかなか席は空かない。現役として土俵を続けるしかない。

同じく優勝経験のある徳勝龍は36歳だが、現在は幕下まで番付を落としている。十両に復帰できれば現役続行だが、いつ引退してもおかしくない。所属する木瀬部屋では先代の井筒親方(元関脇・逆鉾)の長女と結婚した志摩ノ海がいずれは『井筒』を継承するが、志摩ノ海の引退までの間、徳勝龍が『井筒』を借りて残る案もあるようだ。そうした椅子取りゲームのなか、豊ノ島が『井筒』の次の株を見つけられず廃業したという面もある。ただ、志摩ノ海も十両で勝ち越しが厳しいような状況にあり、徳勝龍が『井筒』を借りてもすぐに返さなくてはならない可能性もある」

複雑怪奇な椅子取りゲームだが、本来、2014年の公益財団法人化の際に年寄株の貸し借りは禁止されたはず。こんな状況を放置する相撲協会は、何か手を打つ気があるのだろうか。

※週刊ポスト2023年2月3日号

NEWSポストセブン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加